ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

新築アパート⑪マンション名称看板 作成時の3つのポイント

f:id:keiichi2017:20170808203911j:plain

マンション名称看板とは

共同住宅には、建物名が記載された「看板」があるかと思います。本日は、この看板について話をさせて頂きます。

マンション名称看板を設置したからといって、賃料が上がるということはないでしょう。しかし、マンション名称看板は、マンション・アパートの顔になります。オーナーさんのセンスが見受けられるものです。たいていのマンション・アパートには、マンシ看板はありますね。設置するからには、センスのいいものにしましょう。

 

マンション名称看板 作成時の3つのポイント

①デザイン

マンション・アパート名称看板は、その物件の顔です。センスが問われます。看板の素材は、ステンレス・御影石・アクリル・鋳物などがあります。ご自身の予算と物件との調和を考えて選んでいきましょう。

 

②設置場所

設置場所は、重要です。繰り返しになりますが、マンション・アパート名称看板は、その物件の顔です。目立つ場所がよいでしょう。設置する主な箇所は、「エントランス上部」「エントランス周辺」「建物の外壁」「植栽にたてる」などがあります。これは、建物外壁の種類や仕様、壁の色味、スペースの問題などにより設置場所は変わってくるでしょう。

 

③住居表示も表示する

新築物件の場合、住居表示を申請することになります。それに伴って、住居表示が決まって住居表示のプレートを貰います。こんな感じです↓

f:id:keiichi2017:20170806113955j:plain

これを現地に設置してくださいということなのですが、これがちょっと古臭いんです。昭和の匂いのするプレートなので、私は嫌だなぁと思って、マンション名称看板に住居表示も入れてしまうことにしました。マンション・アパート名称看板は、目立つ位置に設置しますから、住居表示が一緒に入っていると配達の方もわかいやすいでしょう。

駐車場1台の面積はどれくらい?

f:id:keiichi2017:20170812222452j:plain

駐車場1台の面積はどれくらい?

駐車場1台の面積はどれくらいあるのでしょうか。

おおむね2.5m×5.0mの12.5㎡(約3.78坪)があれば、駐車場1台のスペースとなります。

 

では、駐車場3台を止められる面積は、どれくらいでしょうか。

単純計算で12.5㎡×3台で37.5㎡(約11.34坪)があれば、停められる計算となります。

 

100㎡の土地に何台の車が停められるか?

100㎡の土地に何台の車が停めれるでしょうか?こうなってくると土地の地型によって全く異なってきます。下記の図で説明していきます。図1と図2をご覧ください。なお、今回は、月極め駐車場ではなく、時間貸し駐車場を想定しています。

 

図1

f:id:keiichi2017:20170812225222j:plain

二面道路に接道する角地の物件です。南側間口約20m、東側間口約5mの面積約100㎡の長方形型の駐車場用地です。この土地の場合は、戸建住宅やアパート用地等になりませんが、駐車場用地としては、抜群に効率がいい土地になります。駐車場は、100㎡で7台停められます。時間貸し駐車場を想定していますので、機械を置くスペースを考慮していますが、月極め駐車場の場合ですと、最大で8台停めることも可能となります。まさに駐車場用地として出来た土地といえるでしょう。

 

 

図2

f:id:keiichi2017:20170812225239j:plain

南側道路に接道する中間画地に存する物件です。間口約10m、奥行約10mの面積約100㎡の正方形型の駐車場用地です。この土地の場合は、戸建住宅やアパート用地になりえる土地で駐車場用地としては、収入を得られない部分も多いため、駐車場適地とは言えないでしょう。駐車場4台設置可能です。ただし、時間貸し駐車場を想定していますので、機械を置くスペースを考慮していますが、駐車場①は車が相当出しにくいでしょう。時間貸し駐車場ですと3台+バイク置き場+自動販売機くらいがベストと言えるかもしれません。

 

まとめ

駐車場1台あたりの面積は、約12.5㎡(約3.78坪)です。しかし、不動産は地型によって有効利用が異なります。今回の例のようにうまく車を停めることができれば駐車場用地として有効利用することが出来ますが、地型が悪いと駐車場用地として有効利用が出来ません。どんな地型の土地に駐車場を停めることを想定しているのか?これが大事になります。

 

© 2017 KEIICHI