ローリスク不動産投資

ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

不動産マメ知識

原状回復?現状回復?

原状回復?現状回復? 原状回復と現状回復という言葉。どちらを、使うのが望ましいのでしょうか? 辞書をひいてみます。 「原状」とは、初めにあった状態。もとのままの形態。「原状に復する」 「現状」とは、現在の状態、ありさま。「現状を打破する」「現…

建ぺい率、容積率オーバーで困ることは?

建ぺい率、容積率オーバーで困ることは? なぜ建ぺい率、容積率オーバーになっているのか? まずは、なぜ建ぺい率、容積率オーバーになっているかの理由を確認しましょう。 ①違法建築物件 ケースとして多いのは、建築確認を受け、申請した建築確認の内容と異…

田園住居地域って?

都市緑地法の一部を改正する法律案 都市緑地法の一部を改正する法律案です。 都市緑地法等の一部を改正する法律案(閣法第二四号)(衆議院送付)要旨本法律案は、都市における緑地の保全及び緑化並びに都市公園の適切な管理を一層推進するとともに、都市内…

市街化調整区域に家は建てられるのか?

市街化区域と市街化調整区域 今回の記事は、市街化調整区域に家は建てられるのか?ということですが、まずは、市街化区域と市街化調整区域がどういうものか見ていきます。 ①市街化区域 既に市街地を形成している区域(既成市街地)とおおむね10年以内に優…

電柱は簡単に移設できるのか?

電柱は簡単に移設できるのか? 日本では一部のエリアを除いて、電柱の地中化整備が進んでいないため、多くの場所に電柱が存在しています。例えば、あなたの自宅やアパートの前に電柱があり邪魔な場合に電柱は簡単に移設できるのでしょうか? まず、その電柱…

1種単価とは?

坪単価と一種単価 不動産の話では、専門用語が多く出てきます。本日は、「坪単価」「一種単価」の2つの専門用語について説明していきます。 「坪単価」とは、1坪当たりの土地の単価をいいます。例えば、土地面積100坪、土地価格2億円だった場合の坪単…

両手、片手、あんことは?

両手、片手、あんことは? 不動産会社は、不動産売買を成立させた時に、報酬として仲介手数料を貰います。この仲介手数料の種類は、大別して①両手、②片手、③あんこの3つがあります。一つ一つ説明していきます。 ①両手(りょうて) 不動産会社の儲けの資源は…

「よて」って何?

「よて」って何? 不動産業界では、専門用語が飛び交います。その一つが「よて」です。「よて」とは、「預手」と書きで、「預金小切手」を省略したものです。銀行が振り出すものですので信頼性が高く現金の同じように取り扱われます。 預金小切手には、横線…

停止条件と解除条件の違い

停止条件契約 一定の条件成就によって効力が生じる契約のことを停止条件契約といいます。例えば、公拡法の届け出をして、その後停止条件付の売買を行うということがあります。これは、市が買取りをしないということが条件となり、その条件が成就した時に不動…

登記上の「田」と「畑」の違いとは?

登記上の「田」と「畑」の違いとは何か? 皆様は、登記上の「田」と「畑」の違いを説明できますでしょうか?私は、10年以上不動産に携わっていましても、違いは何と聞かれてわからなかったです。当時、不動産鑑定士の修習生時代の講義で教えてもらいました…

住居表示は、漢数字か?アラビア数字か?

住居表示は、漢数字か?アラビア数字か? 住居表示で「一丁目2番3号」といった「漢数字」と「アラビア数字」が混じっていることが多いです。司法書士の先生にそのことについて聞いたことがあります。本日は、その時のお話を少しさせて頂きます。 司法書士…

地番から住居表示を調べるには?

地番から住居表示を調べるには? 以前、住居表示から地番を調べるにはという記事を書きました。しかし、その逆である地番がわかっていて住居表示がわからないこともあります。そのため、今日は、地番から住居表示を調べる方法について説明してきます。 まず…

印紙を貼る時に使うスポンジの名前は?

印紙を貼る時に使うスポンジの名前は? 不動産の売買では、売買契約書や領収書に印紙を貼ります。その時に不動産会社の担当者がスポンジのようなものを持ってきます。これを「海綿」といいます。 新人の頃は、「印紙貼る時に水つけるやつどこにありますか?…

売主が課税事業者である場合の消費税の扱い

未経過固定資産税等の取扱い(国税庁 消費税基本通達10-1-6) 10-1-6 固定資産税、自動車税等(以下10-1-6において「固定資産税等」という。)の課税の対象となる資産の譲渡に伴い、当該資産に対して課された固定資産税等について譲渡の時において未経過…

売買契約時の建物消費税はどのように決めるのか?

売買契約時の建物消費税はどのように決めるのか? 大前提として、土地は非課税、建物は課税されます。投資用不動産の場合、購入後に建物の減価償却としていくために、建物価格及び建物消費税を決めなければいけません。売買契約書の建物消費税はどのようにし…

不動産売買におけるクーリングオフ制度

クーリングオフ制度とは? クーリングオフ制度とは、訪問販売などを受けて、その場の雰囲気で断ることができずに購入してしまい、あとあと考えてみた結果、購入をやめたいと思うことがあります。こういった場合に、購入の意思を撤回することができる制度をク…

売買契約書・重要事項説明書の訂正をするには

売買契約書を訂正するには 売買契約書の訂正は、調印前にわかった場合は、不動産会社さんに直して製本してもらうのが一番よいでしょう。しかし、押印後に発覚した場合など改めて作成しなおすのが難しいケースがあります。 この場合、 ①間違えた文字を二本線…

マンション管理費の先取特権とは?

建物の区分所有等に関する法律 第7条 区分所有者は、共用部分、建物の敷地若しくは共用部分以外の建物の附属施設につき他の区分所有者に対して有する債権又は規約若しくは集会の決議に基づき他の区分所有者に対して有する債権について、債務者の区分所有権…

9月23日 不動産の日って?

不動産の日とは? 不動産の日は、全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)が1984(昭和59)年に制定しました。秋は不動産取引が活発になる時期であることと「ふ(2)どう(十)さん(3)」の語呂合せからきています。 9月23日 9月23日は、秋分の日です。秋分日とは、国…

固定資産税の清算  関東方式と関西方式とは?

固定資産税とは? 一般的に、不動産取引で話される固定資産税には、「固定資産税」と「都市計画税」があります。そのため、正確には、「都市計画税等」ということになります。 「固定資産税」とは、土地・家屋・償却資産に対し、これら固定資産の所在市町村…

「登記簿面積」「壁芯面積」「現況床面積」

なぜ「登記簿面積」「壁芯面積」「課税床面積」は面積が異なるのか? 区分マンションでは、「登記簿(内法)面積」「専有(壁芯)面積」「現況床面積」というものが出てきます。その違いは何でしょうか。 ①「登記簿面積」とは、「内法面積」とも言います。建…

間取図に表示されている記号の意味

間取図に表示されている記号の意味 基本編 「L」リビングルーム 「L」はリビングルームを意味します。くつろぎの場所ですね。 「D」ダイニングルーム 「D]は、ダイニングルームを意味します。食事をするスペースです。 「K」キッチン 「K」はキッチンを意味…

購入申込後のキャンセル。売渡承諾書の効力。

購入申込書とは 購入申込書(買付証明書)とは、不動産の売買において購入希望者が物件を購入する意思があることを表明する書面のことをいいます。購入申込書(買付証明書)の内容は、購入希望者が購入希望価格・売買条件・支払時期等を記載して、その価格・…

契約書に印紙って貼らないといけないの?

印紙 不動産売買契約書には、印紙(収入印紙)を貼付することが必要です。収入印紙は、印紙税という税金で、租税や行政に対する手数料の支払いに利用されるものです。 その売買契約。印紙代はいくら? 軽減措置とは? 軽減措置とは、租税特別措置法により、…

不動産の下見・内見は必ずする!!

不動産の下見・内見は必ずする 投資用不動産の購入の検討にあたって、現地に行って下見・内見をするかと思います。しかし、意外としていない方もいるのです。区分所有で賃貸中だから現地に行かなくても一緒。信頼おけるコンサルタントに見てもらっているから…

契約日はいつがいい!? 六曜とは?

六曜(ろくよう)とは? 六曜とは、暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種の曜があり、カレンダーや手帳に記載されていることが多いです。日本では、古くから浸透していることから「結婚式は大安がよい」「葬式は友引を避ける」などと言わ…

不動産の「査定」と「鑑定評価」の違い 

不動産の「査定」と「鑑定評価」の違い 不動産の鑑定評価とはどういったものでしょうか?不動産の無料査定はよく耳にする方も多いと思いますが、鑑定評価は一般の方には馴染みのないものです。不動産を売却しようとする際に必要なのは査定書で十分です。では…

不動産の徒歩表示 その根拠は?

不動産の徒歩表示 不動産のチラシやインタネットで物件の情報を見ていると、徒歩●分と書いてあります。例えば、徒歩5分と書いてあっても、実際歩いてみると8分かかったとか、その時間では着かないという経験がある方は多いと思います。ではその数字の根拠は…

不動産で使う面積計算

㎡から坪 坪から㎡ 1畳から㎡ 土地や建物では色んな単位の面積が出てきます。慣れていないとわかりにくいものですし、計算がわからなくなります。 簡易計算になりますが、1㎡を坪単位にするには、0.3025をかけます。1坪を㎡単位にするには、3.30578をかけま…

地番と住居表示の違いとは?

地番と住居表示 一部の住居表示を実施していない地域を除いて、住居表示と地番はともに存在し、そして「地番」と「住居表示」は異なります。 地番と住居表示の歴史 地番は、明治時代に地租改正で土地を特定するために、番号を付けていったものです。その後、…

署名と記名の違いは!?捺印と押印の違いは!?

署名と記名の違いは!? 署名とは、本人が自筆で自分の名前を手書きすることです。 記名とは、自筆以外の方法で名前を記載することです。例えば、パソコンで名前を打ち込んだり、ゴム印で押したものを指します。記名は、本人の筆跡ではないため、署名に比べ…

仲介手数料 3%+6万円+(消費税)の”6万円”って何?

仲介手数料っていくら? 現在、不動産売買の取引では、仲介手数料の上限額「3%+6万円+(消費税)」が請求されることが一般的です。なかには、手数料をダンピングしてくる不動産会社もありますが、今回の記事の本題とそれるため説明を省きます。さて、この…

© 2017 KEIICHI