ローリスク不動産投資

ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

不動産の徒歩表示 その根拠は?

f:id:keiichi2017:20170304134629j:plain

不動産の徒歩表示

不動産のチラシやインタネットで物件の情報を見ていると、徒歩●分と書いてあります。例えば、徒歩5分と書いてあっても、実際歩いてみると8分かかったとか、その時間では着かないという経験がある方は多いと思います。ではその数字の根拠はどこから来ているのでしょうか?

不動産の表示に関する公正競争規約

 これは、「不動産の表示に関する公正競争規約」というもので決められています。具体的には、「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」第5章第1節10条10項に「徒歩による所要時間は、道路距離80メートルにつき1分間を要するものとして算出した数値を表示すること。」とあります。

※なお、1分未満の端数が生じたときは、1分として算出すること。

実際はどうなの?

不動産の表示では、上記の通り1分=80mで計算しています。しかし、表示上は同じ時間でも、駅から信号待ちが多い所、そうでない所では実際に歩いてかかる時間は違うこともあります。ちなみに、距離は、直線距離ではなく道路距離をもとに算出します。

また、おおざっばな不動産屋さんは、実際には通れない場所を通れると地図上で判断して計算したり、以前に使っていた販売図面の使いまわしだったり、なかには、徒歩11分だと物件が売りにくいので徒歩9分にしてしまうといったものもあります。精度はさまざまです。そのため、駅距離は、ご自身で物件を見に行った際に、駅から物件まで必ず歩くようにしましょう。

© 2017 KEIICHI