ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

不動産の一物四価(いちぶつよんか)って!?

f:id:keiichi2017:20170301234142j:plain

一物四価(いちぶつよんか)

不動産の「土地」の評価は、1つの物件について4つの異なった価格があります。これを一物四価(いつぶつよんか)といいます。具体的に土地の一物四価について説明していきます。

  • 時価(実勢価格)
  • 公示価格
  • 相続税路線価
  • 固定資産税評価額

1物4価は、どのような価格で、いつ使われるのか?

①時価

「時価」とは、実際に、現実の市場で売買される「取引価格」のことを言います。実勢価格ともいわれています。現実の不動産マーケットの市場で、売主と買主が交渉した結果、取引が成立している価格のことを指しています。

②公示価格

「公示価格」とは、国土交通省が、標準的な土地の取引価格の指標として、毎年1月1日時点の土地価格を算定したものです。また、似た価格として、「基準地価」というものがあり、「基準地価」は、都道府県が毎年7月1日時点の土地価格を算定したものです。「基準地価」は、「公示価格」を補完する意味合いがあります。そのため、1物5価と言われる場合は、この基準地価が加わっていることになります。

③相続税路線価

「相続税路線価」とは、国相続税や贈与税を算定する際の基準となるものであり、国税局が毎年1月1日時点の算定した価格を言います。公示価格の約8割程度です。なお、金融機関が積算価格を算出する際に、よく使用される価格である。金融機関の積算価格が時価(実勢価格)と比べてかなり低く出てくるのは、このためです。

④固定資産税評価額

「固定資産税評価額」とは、固定資産税の課税の基準となるものであり、市町村が、毎年1月1日時点の算定した価格を言います。公示価格の約7割程度です。

まとめ

不動産の価格は、一般的にはわかりにくいものです。そして、今回説明しましたように不動産の価格は一物四価もあり、価格は異なります。どの価格が、いつどのような目的で、どれくらいの価格水準で、使われているかを理解しておく必要があります。

  • 時価・・・実勢価格
  • 公示価格・・・国交省の公表される価格
  • 相続税路線価・・・公示価格の約8割
  • 固定資産税路線価・・・公示価格の約7割


路線価の見方と推移
www.fudousantousinavi.com

地価公示の見方と価格の推移
www.fudousantousinavi.com

© 2017 KEIICHI