ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

契約書に印紙って貼らないといけないの?

f:id:keiichi2017:20170302001808j:plain

印紙

不動産売買契約書には、印紙(収入印紙)を貼付することが必要です。収入印紙は、印紙税という税金で、租税や行政に対する手数料の支払いに利用されるものです。

その売買契約。印紙代はいくら?

f:id:keiichi2017:20170123232037j:plain

軽減措置とは?

軽減措置とは、租税特別措置法により、不動産売買契約書について、印紙税の軽減措置が講じられ、税率が引き下げられているものです。
軽減措置の対象となる契約書は、不動産売買契約書のうち、記載金額が10万円を超えるもので、平成26年4月1日から平成30年3月31日までの間に作成されるものになります。

契約書に印紙って貼らないといけないの?

不動産売買を行う際、契約書に印紙を貼付します。しかし、印紙税を節約することも可能です。
一般的に、不動産売買契約書は、売主・買主がそれぞれ1通ずつ作成し、保有します。ただし、例えば買主が契約書の原本を保有し、売主は買主の契約書のコピーでいいとした場合、契約書のコピーですので、課税文書に該当せず印紙税が節約できます。

売買契約書の印紙代の条項には「本契約書を1通作成し、買主が原本を、売主はその写しを保有します」などと文言を入れる必要があります。なお、この場合、印紙代を買主負担とする場合と売主・買主折半とする場合があります。

コピーに効力はあるか?

不動産売買契約の効力は原則同じです。これは、コピーであっても契約当事者間の合意が把握できるからです。ただし、仮に取引で揉め事が起きて裁判になった時、証拠力が問われる時、この場合は原本の方が証拠力があります。

© 2017 KEIICHI