ローリスク不動産投資

ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

購入申込後のキャンセル。売渡承諾書の効力。

f:id:keiichi2017:20170302211905j:plain

 購入申込書とは

購入申込書(買付証明書)とは、不動産の売買において購入希望者が物件を購入する意思があることを表明する書面のことをいいます。購入申込書(買付証明書)の内容は、購入希望者が購入希望価格・売買条件・支払時期等を記載して、その価格・条件であれば本物件を購入したい、契約したいという内容を記載します。

※「購入申込書」および「買付証明書」は、買主が売主に提示する書面です。それに対し買主が仲介会社に提示する書面として「取纏依頼書」などがあります。しかし、提示する先が異なるだけで内容に大きな差異はありません。

 

 売渡承諾書とは

売渡承諾書とは、購入希望者の購入申込書(買付証明書)に対して本物件を売渡す意思を表明する書面のことをいいます。売渡承諾書の内容は、売主が売渡価格・売買条件・支払時期等を記載して、その価格・条件であれば本物件を売却する、契約するという内容を記載します。

  

購入申込後のキャンセル・売渡承諾書の効力

不動産取引の実務上は、買主が購入申込書を提示し、売主が売渡承諾書を交付した後に、詳細な条件をすり合わせて売買契約を締結するという流れが一般的です。

ここで民法では、契約は当事者間の申込と承諾で成立するとされていますが、一般的には、購入申込書や売渡承諾書では売買契約の効力は認められません。

 

購入申込書を書くか悩んでいるなら・・

不動産を検討して購入したいと思って提出するわけですから、購入申込書を提示することが不安ということはあまり考えられませんが、書くかどうか悩むことがあると思います。例えば①ローンが通ったら買いたい。②とりあえず番手を確保したいなどいうことが想定されます。

 

①ローンが通ったら買いたい

 →購入申込書の中に売買契約の条件として「ローン特約」と記載しておくとよいです。

②とりあえず番手を確保したい

 →購入申込書に、「本書類は、購入の意思表示を通知するための書面であり、売買契約の効力を持つものではありません。そのため、諸条件が合意した場合、別途売買契約を締結するものとします」などを入れておくとよいでしょう。

 

 

 

 

 

© 2017 KEIICHI