ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

間取図に表示されている記号の意味

f:id:keiichi2017:20170301234050j:plain

間取図に表示されている記号の意味 基本編

  「L」リビングルーム

「L」はリビングルームを意味します。くつろぎの場所ですね。

  

 「D」ダイニングルーム 

「D]は、ダイニングルームを意味します。食事をするスペースです。

 

「K」キッチン

「K」はキッチンを意味します。キッチンは、ダイニングルームと一体になっていることが多く、その場合の表示はDKとなっています。

 

なお、「LDK」は一般的に8畳以上のLDといい、LDより狭い8畳未満の場合「D」と呼びます。

 
 

間取図に表示されている希望の意味 応用編

 「S」サービスルーム

建築基準法が定める、窓からの採光が居室の規準を満たさない部屋をいいます。具体的には、「開口部(窓)の大きさが居室総面積の7分の1以上」でなければならないとされています。そのため、広さとは関係なくサービスルームと表記されます。

 
「N」納戸

建築基準法上、「S」と同じ扱いですが、一般的にはSよりも小さいスペースをさす場合が多いです。

 

「DEN」デン

DENは、書斎です。「隠れ家」というように訳されることもありますが、作業部屋や趣味の部屋というニュアンスで使われることが多いです。

 
「SIC」シューズ・イン・クロゼット
SICは、シューズ・イン・クロゼットであり、一般的に玄関に設置される靴を履いたまま出入りできる収納スペースのことです。
 
「WIC」ウォーク/・イン・クロゼット
WICは、ウォーク・イン・クロゼットであり、大きな収納スペースをいいます。「W」とも表記されます。

 

その他に「UB」ユニットバス、「PS」パイプスペース(配管のためのスペース)、「MB」メーターボックス (電気、ガス、水道などのメーターがあるスペース)などがあります。

© 2017 KEIICHI