ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

売買契約書 第1条 売買の目的物及び売買代金

不動産売買契約書 

f:id:keiichi2017:20170228232408j:plain

本サイトでは、高額な商品である不動産について、いかにリスクなく取引をしていけるかということに着目しいるブログです。今回より、一般的な「売買契約書」について、一つ一つ解説をしていきたいと思います。

不動産取引において、いくらいい物件を見つけても、売買契約で揉めてしまっては、大切な時間とお金がとられてしまいます。リスクをなくす為に最低限の知識として知っておくといいと思います。

なお、売買契約書の条文等は、一般的な内容を抽出しています。なるべく多種多様なケースを想定していきたいと思っていますが、特殊な契約には対応していない点もあるかと思います。ご了承ください。

 

 第1条 売買の目的物及び売買代金

条文例

 売主は、表記土地(以下「土地」という。)及び表記建物(以下「建物」という。土地建物を総称して「本物件」という)を表記売買代金(以下「売買代金」という。)で買主に売渡し、買主はこれを現況有姿において買い受けます。

 

 

解説

 売買契約の締結を宣言する条項です。売買契約では、売主が買主に不動産の所有権を移転することを、買主が売主に対して売買代金を支払うことをお互いに約束するという契約です。

 

「売主・買主の表示」「不動産の表示」「売買代金の表示」は、売買契約を特定するための基本的事項です。たいていの場合、売買契約1条の前に、表などによって、内容がわかりやすく記載されていることが多いです。

1.売主と買主の表示

2.不動産の表示

  ①土地:所在、地番、地目、地積、地積合計、私道面積など

  ②建物:所在、住居表示、家屋番号、種類、構造、建築年月日、延床面積

3.売買代金・手付金の額・支払日

  ①売買代金:売買代金総額、土地金額、建物金額、消費税、

  ②手付金:金額、支払時期

  ③中間金:金額、支払時期

  ④残代金:金額、支払時期

4.清算の対象となる土地、清算基準面積

  ①清算の対象となる土地:

  ②清算基準面積

  ③清算単価

5.その他約定事項

  ①引渡日

  ②手付解除期日

  ③違約金の額

  ④融資利用の場合

  ・融資利用の有無

  ・融資金融機関・支店名

  ・融資承認期日

  ・融資利用の特約に基づく契約解除期日

  ・融資金額

 

第1条では、条文の最後に「買主はこれを現状有姿において買受けます」と記載があります。現状有姿の文言が入っている場合は、取引が現状有姿でいいかの確認をしましょう。

また、表題部については、「売主・買主の名前が間違っていないか」、「売買金額が間違っていないか」、「融資利用の特約の期日はいつまでなのか」といった基本的な事項ですが、間違いがあってはいけない箇所ですので、十分に確認が必要です。

 

 

売買契約書に記載する住所は、現住所?住民票の住所?本籍? 

www.fudousantousinavi.com

 

 契約日はいつがいい?六曜とは?

www.fudousantousinavi.com

 

 

© 2017 KEIICHI