ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

売買契約書 第6条 所有権の移転の及び引渡し

f:id:keiichi2017:20170228232408j:plain

売買契約書 第6条 所有権の移転及び引渡し  

条文例 
  1. 本物件の所有権は、買主が売主に対して売買代金全額を支払い、売主がこれを受領した時に売主から買主に移転します。
  2. 売主は、買主に対し、本物件を表記引渡日に引き渡すものとします。

 

解説

所有権移転時期を定めた条項です。本物件の所有権は、買主が売買代金全額を支払ったときに買主に移転します。

民法第176条では、所有権の移転は当事者の意思表示のみで移転するとの規定がありますが、全ての代金を支払った時に所有権移転時期とする方が、当事者にとって公平であるため、本条のような内容が存在することになります。

 なお、一部の特殊な取引で残金留保とするような取引もあります。本来、決済引渡日までに売主・買主がお互いの義務を全て履行し、決済をむかえるわけですが、一部の義務を後日対応するというのが残金留保です。(ポストクロージング、ポスクロともいいます)例えば、境界確認書の交付及び境界の明示が後日になってしまうが当事者が合意した場合などに行われます。

 

 

境界確認書の交付について

www.fudousantousinavi.com

 

 境界の明示について

www.fudousantousinavi.com

 

民法第176条
物権の設定及び移転は、当事者の意思表示のみによって、その効力を生ずる。

 

 

 

 親族間売買の注意点

www.fudousantousinavi.com

 

 売買契約書に記載する住所は、現住所?住民票の住所?本籍?

www.fudousantousinavi.com

 

契約日はいつがいい!?六曜とは?

www.fudousantousinavi.com

 

 

 

© 2017 KEIICHI