ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

【売買契約書 解説】第13条 瑕疵の責任

f:id:keiichi2017:20170228232408j:plain

売買契約書 第13条 瑕疵の責任

 条文例  
  1. 売主は、買主に対し、本物件の隠れたる瑕疵について、引渡し日から3ヶ月以内に請求を受けたものに限り、瑕疵担保責任を負うものとし、買主は、売主に対し、瑕疵により生じた損害の賠償を請求することが出来ます。
  2. 買主は、瑕疵が存在することにより本契約の目的を達することが出来ない場合には、引渡し日から3ヶ月以内に限り、本契約を解除することができます。
  3. 売主は、買主に対し、本契約締結時に第1項の瑕疵の存在を知らなくても本条の責任を負うものとしますが、買主が本契約締結時に第1項の瑕疵を知っていた時は、売主は、本条の責任を負わないものとします。

 

「瑕疵」とは

 「瑕疵(かし)」とは、簡単に言うと欠陥ということです。法律用語としては、「瑕疵」とは、その種の物として通常有すべき品質・性能、または当事者が表示した品質・性能を欠くことを言います。例えば、土地で言うと「地中埋設物」「土壌汚染」など。建物で言うと「雨漏り」「シロアリの害」「給排水管の故障」などです。

 

 「隠れた」瑕疵とは?

 買主が、売主に対し「瑕疵担保責任」を追及するためには、「隠れた」瑕疵であることが必言われています。「隠れた」とは、①売買契約時に買主がその瑕疵の存在を知らなかったことが必要です。瑕疵を知って購入した場合は追及できません。②買主が瑕疵の存在を知らなかったことに過失がなかった場合の瑕疵であることです。つまり、買主が取引上一般に要求される程度の注意をしても発見できなかった瑕疵であることが必要です。

 

 瑕疵担保責任の「期間」

  瑕疵担保責任の条文は、「期間」も異なるため注意が必要です。例えば、上記の条文例では3ヶ月としていますが、引渡日から2年ということもあります。その場合は、「2年以内」に請求をしなければ、行使することができなくなってしまいます。

 

「瑕疵担保免責」とは

売主が、瑕疵担保責任を負担を負いたくないと考え、買主も売主に負担を負わせなくてもいいと双方で合意することは自由です。そのため、契約時に「売主は買主に対し瑕疵担保責任を負わなくてよい」と合意することを「瑕疵担保責任免責」などと言います。

 

「瑕疵担保免責」であっても売主が責任を負うことがある

瑕疵担保免責で買主・売主の双方で合意しても、売主が買主に対し瑕疵の存在を「知りながら告げなかった」場合は、瑕疵担保免責であっても売主が責任を負うことがあります。

© 2017 KEIICHI