ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

【売買契約書 解説】第17条 契約違反による解除・違約金

f:id:keiichi2017:20170228232408j:plain

売買契約書 第17条 契約違反による解除・違約金

  契約違反があった時に契約が解除できること及び違約金を請求できることを定めた条文です。

  

条文例 
  1. 売主及び買主は、その相手方が本契約にかかる債務の履行をしない時は、その相手方に対し、相当の期間を定めたうえで、書面により債務の履行を催告し、違反当事者が当該期間内において違反行為を是正しない場合には、本契約を解除して表記違約金の支払いを請求することができます。なお、違約金に関し、現に生じた損害額の多寡を問わず、相手方に違約金の増減を請求することができません。
  2. 前項の場合、違約金を次の通り、すみやかに清算するものとします。
  • (1)売主が違約した場合、売主は、買主に対し、受領済みの金員を無利息にて返還したうえで違約金を支払うものとします。
  • (2)買主が違約した場合、違約金が支払済みの金員を上回る時は、買主は、売主に対し、その差額を支払い、支払済みの金員が違約金を上回る時は、売主は、買主に対し、受領済みの金員から違約金相当額を控除して残額を無利息にて返還するものとします。

 

 

 解説 

①催告について

違約した場合、違約した相手に対して、相当の期間を設けて契約の履行を促すことが必要です。具体的には、相手方が債務の履行を怠った時、書面により義務の履行を催告したうえで、契約を解除して違約金の支払いを請求できることとしています。通常は、内容証明郵便によって行います。

 

②違約金の設定額

違約金は、当事者の合意により売買契約書で定め、契約書表記に記載します。一般的には、売買代金の10%~20%程度に設定されていることが多いです。

 

③合意解除

売主・買主、協議した結果の合意解除した時は、本条項は適用されません。

© 2017 KEIICHI