ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

売買契約書 第23条 規定外事項の協議義務

f:id:keiichi2017:20170228232408j:plain

売買契約書 第23条 規定外事項の協議義務 

信義誠実の原則を定めた条項です。

 

 条文例  

本契約書に定めのない事項については、民法、その他関係法規及び不動産取引の慣行に従い、売主、買主お互いに誠意をもって協議します。 

 

解説 

本売買契約書で定められた条項によって、すべての事態に対処できるわけではありません。また、トラブルが発生するようなケースでは事前に予期していないことが問題で起こるケースも少なくありません。

たいていの売買契約書のは記載されています。この条文で何かを決められるわけではありませんが、何かあった時には、売主・買主双方が「お互い誠意をもって話し合うこと」が重要であり、それを約束した条文になります。困った時の信義則です。

 

 民法第1条2項 

権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。

 

 

 不動産の売却条件「現況有姿、公薄売買、境界非明示、瑕疵担保免責」とは?

www.fudousantousinavi.com

 

境界確定、立ち合いをやらないことってあるのでしょうか? 

www.fudousantousinavi.com

 

 「第三者のためにする契約」と「地位の譲渡契約」

www.fudousantousinavi.com

 




© 2017 KEIICHI