ローリスク不動産投資

ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

「金持ちリタイア・貧乏リタイア」黒木陽斗(著)

f:id:keiichi2017:20170302013044j:plain

おすすめ 

★★★☆☆

  

本の内容

 基本的な不動産投資の流れが書かれており、初心者向けの書籍である。

  

 感想

複数等所有と経営の話 

複数棟の物件を購入していく場合、当然個人ですべて購入すれば、それだけ収入が個人に集中して、累進課税により税率が高くなります。

当初から複数棟の物件購入を目指して経済的自由を目指す場合、最初から法人を設立して購入していくかどうかを、個人の給与所得とのバランスで考えなくてはいけません。

いくらの物件をどのくらい購入するかを税理士とよく相談しておくことをおすすめします。・・・

複数棟の物件を所有し、法人所有の物件も増えてくれば、やはり経営者として、財務知識は必要になってきます。購入時までは投資家として行動しますが、購入後は経営者として行動すべきです。

重要なのは、不動産投資を通して、自分がどのようになりたいのか。目標を定めておく必要があります。そして、アドバイスをくださる税理士先生をはじめとするライセンサーに意見を聞くといいでしょう。

 
大家業に定年はない

冒頭に書いたサラリーマン特有の定年退職ですが、大家業に定年退職はありません。実際に七〇代、八〇代の大家さんもたくさんいらっしゃします。

法人を利用することで事業拡大していくことも可能です。

企業では、60歳定年とか65歳定年とか定められてると思います。最近では長くなったり、再雇用ということも増えていますが、一般的には収入が減ったりして安定しません。大家業のメリットは、定年がないことですね。

 

 

 

© 2017 KEIICHI