ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

【独自コラム】私は買わない!私道物件 7/7話 「私道に関する宅建業者の説明義務」

f:id:keiichi2017:20170316000721j:plain

 

私道に関する宅建業者の説明義務 

不動産売買をする際には、宅建業者(宅地建物取引業者)に依頼をすることが多いと思います。これは、土地や建物は、高価な商品であり、不動産取引は慎重に行われるべきものであるため、不動産取引のプロである宅建業者が間に入ることが多くなります。

不動産売買にあたっては、宅地建物の取引に関して専門的な知識を有する取引主任士に、重要事項を説明させることにより、売買契約後に紛争が生じないようにしています。

 

宅建業者は、「重要事項説明書」を交付して説明しなければなりません。その重要事項説明書の説明義務の中に「私道の負担に関する事項」があります。私道に関する負担が書面による宅建業者の説明事項とされているのは、私道が存在しなければ、対象地から公道まで出られなかったり、私道がどの位置にあるのかについて購入前に正確な情報を得ておかないと、購入者は当初予定していた建物が建築できないことも考えられ、多大な損失を蒙ることになります。

他にも、宅建業者は、建築基準法の接道義務について説明する必要があります。

 

 

 

私道コラムのまとめ

私道のトラブルは、多いです。宅建業者の説明不足によるもの、私道の所有者が変わっている人というケース。予期せぬトラブルもあります(第6話下記参照)。繰り返しになりますが、私道でのトラブルを限りなく低くするか、私道は買わないと決めておくできです。 

www.fudousantousinavi.com

 

最後に誤解がないように補足します。私道物件が全てダメというわけではありません。

ただ、公道と私道は違います。私道には特有のリスクがあります。そして、私は「公道に接道する物件」と「私道に接道する物件」(他の条件は全く同じと仮定した場合)では価値が異なると思っています。つまり私道のそのリスク分について価格が安ければ、私道の価値に見合い購入してもいいのではと感じます。しかし、現在売却に出ている不動産は、「公道に接道する物件」と「私道に接道する物件」に価格さはあまり感じません。価格差がないなら私道物件は買わないというのが私の結論です。

 

 

© 2017 KEIICHI