ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

重要事項説明書③:「不動産表示」「売主の表示と占有に関する事項」

f:id:keiichi2017:20170326134611j:plain

不動産の表示 

不動産の表示は、取引対象となる不動産を特定するものです。詳細は、下記の通りですが、所在は、登記簿謄本に記載されている地番が記載されており、住居表示があわせて記載されていることもあります。 

www.fudousantousinavi.com

 

1.土地 

原則、登記簿謄本の記載の通り記入されます。

①所在、②地番、③地目、④地積が記載されます。同時に⑤「土地の権利の種類」という欄があり、所有権、賃借権、地上権の表示があり該当するものに記載がされています。

 

2.建物

原則、登記簿謄本の記載の通り記入されます。

ただし、①建物が増改築により登記簿に記載されている表示と現況が異なる場合、②建物が未登記の場合は、建物設計図書や固定資産税課税台帳、建築確認に記載された面積を併記することがあります。

 

 

売主の表示と占有に関する事項

1.売主の表示

重要事項説明書は、買主が不測の損害を受けないように、重要な事項を説明するものです。従って、売主の表示はとても重要です。

①登記簿記載の所有者と同じ場合

②相続があり、登記記載の所有者と売主が異なる場合

(相続登記が未了のケースと遺産分割協議がまとまらないで登記できていないケース)

③他人物所有の場合

(AーBーCの取引で、BはAと契約済であるが決済前の時点に、BがCと契約しようとするケース)

 

注意点

売主が、本当に売主本人であるか確認する必要があります。権利証の提示を受けて、運転免許証等で所有者と記載された本人かどうかの確認を行います。代理人が契約をする場合、委任状、印鑑証明(実印で押印)と運転免許証等で同様に本人確認を行います。

 

 

2.占有に関する事項 

ここは、投資用不動産の売買で関係してくる箇所です。売買契約締結時点における第三者の占有の有無が記載されます。ここで第三者とは、当事者以外のものが全て該当することになります。

賃借人付きの投資用不動産の売買では、占有欄に有りの記載がされ、賃借人の名前と住所が記載されます。

 

© 2017 KEIICHI