ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

マンション管理費の先取特権とは?

 

f:id:keiichi2017:20170416001242j:plain

建物の区分所有等に関する法律 第7条

  1. 区分所有者は、共用部分、建物の敷地若しくは共用部分以外の建物の附属施設につき他の区分所有者に対して有する債権又は規約若しくは集会の決議に基づき他の区分所有者に対して有する債権について、債務者の区分所有権(共用部分に関する権利及び敷地利用権を含む。)及び建物に備え付けた動産の上に先取特権を有する。管理者又は管理組合法人がその職務又は業務を行うにつき区分所有者に対して有する債権についても、同様とする。
  2. 前項の先取特権は、優先権の順位及び効力については、共益費用の先取特権とみなす。
  3. 民法第319条の規定は、第1項の先取特権に準用する。

 

建物の区分所有等に関する法律 第8条

前条第1項に規定する債権は、債務者たる区分所有者の特定承継人に対しても行うことができる。

 

先取特権とは?

管理費等の債権については、マンションの共用部分等を共同して維持管理するという目的から、他の債権より優先的な立場にあります。これを先取特権と言います。

 

 管理費の回収方法は?

管理費等の滞納がある場合には、マンションを競売にかけることができます。しかし、この先取特権の優先順位は登記されている抵当権に劣後するため、実際には配当が回らないことも多いです。

 

 滞納管理費は、売主に請求?買主に請求?

管理費が滞納の状態で、不動産売買が行われた場合、前所有者に対する管理費の支払い請求権は消滅することは原則ありません。そのため、管理費等が未払いのまま譲渡された場合には、売主に対して未払い金の請求をすることができます。そして、区分所有法8条では、現所有者に対しても請求をすることができるとしています。

 

© 2017 KEIICHI