ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

不動産登記㉓:司法書士と土地家屋調査士の仕事の違いは?

f:id:keiichi2017:20170329002535j:plain

司法書士と土地家屋調査士

登記の申請は、原則的に資格保有者が代理で行います。登記申請を代理で行う専門家として、司法書士や土地家屋調査士がいます。彼らの仕事の分野は異なります。

 

司法書士のお仕事

司法書士は、所有権・抵当権などの「権利」に関する登記の専門家です。具体的には、不動産売買時の所有権移転登記及び金融機関から抵当権をを設定登記する時などに依頼をします。

 

土地家屋調査士のお仕事

土地家屋調査士は、「不動産の表示」に関する登記の専門家です。土地や建物の調査・測量を行います。具体的には、土地の分筆・合筆、地目変更、地積更生登記、建物の新築時に行う表題登記、建物増築による表示登記の変更、滅失登記などを申請する時などに依頼をします。

 

 

上記のような登記の申請を代理人(司法書士や土地家屋調査士)に依頼する時、代理人が申請人を代理する権限を持っていることを証明しなければなりません。売買契約時に司法書士先生に委任状を書いてくれと言われるのは、権限を付与するためということです。

 

ちなみに司法書士も土地家屋調査士も試験はなかなか難しいです。そして、仕事の内容も重たいです。(間違えられない仕事です)個人的には、司法書士になりたいとか土地家屋調査士になりたいと思うのはすごいことだなぁと感心してしまいます。

© 2017 KEIICHI