ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

不動産登記㉔:登記申請に使う印鑑証明書の有効期限はなぜ3カ月!?

f:id:keiichi2017:20170329002535j:plain

印鑑証明書

 印鑑証明書は、市区町村に登録している印鑑(実印)の印影を証明するものです。印鑑証明は、登記申請の際に使います。そして発行日から3ヶ月以内のものを求められます。

なお、売買契約書で実印を推奨されるのは、確かに本人の意思で行っていることを証明するためです。

 

 

不動産登記令第16条

(申請情報を記載した書面への記名押印等)

  1. 申請人又はその代表者若しくは代理人は、法務省令で定める場合を除き、申請情報を記載した書面に記名押印しなければならない。
  2. 前項の場合において、申請情報を記載した書面には、法務省令で定める場合を除き、同項の規定により記名押印した者(委任による代理人を除く。)の印鑑に関する証明書(住所地の市町村長(特別区の区長を含むものとし、地方自治法第252条の19第1項 の指定都市にあっては、市長又は区長とする。次条第1項において同じ。)又は登記官が作成するものに限る。以下同じ。)を添付しなければならない。
  3. 前項の印鑑に関する証明書は、作成後三月以内のものでなければならない。
  4. 官庁又は公署が登記の嘱託をする場合における嘱託情報を記載した書面については、第2項の規定は、適用しない。
  5. 第12条第1項及び第14条の規定は、法務省令で定めるところにより申請情報の全部を記録した磁気ディスクを提出する方法により登記を申請する場合について準用する。

 

なぜ印鑑証明書の有効期限はなぜ3カ月!?

なぜ、印鑑証明書の有効期限は3ヶ月なのでしょう。上記の通り、不動産登記令第16条3項で印鑑証明書は、作成後3ヶ月以内のものとしているためです。ただ、たいていの書類(住民票や資格証明など)も同様に3ヶ月としているものが多いと思います。

 

© 2017 KEIICHI