ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

一時使用賃貸借、期間の定めのない賃貸借とは?

f:id:keiichi2017:20170425215900j:plain

 賃貸借と使用貸借

一般的に、土地や建物を賃貸し対価を受け取って貸す、対価を支払って借りることを賃貸借と言います。使用貸借は、例えば親族間で無償で不動産を使用する場合や、個人所有の土地上に会社名義の建物を建てる場合など、対価なしで貸し借りすることを使用貸借といいます。

ポイントとしては、使用貸借には、賃貸借の用に対抗力がありません。したがって、使用貸借している不動産が第3者に譲渡されると対抗することができません。

 

 

一時使用賃貸借

一時使用の賃貸借は、一時的に土地、建物を使用するためのもので、例えば、マンションの建築の現場事務所だったり、仮設住宅だったり、一時的に借りたりするためのものです。一時使用の定義としては、利用目的が一時的であることであって、単に期間が短いということではありません。

 

ポイントとしては、一時使用の建物賃貸借は、借地借家法の適用を受けません。

 

期間の定めのない賃貸借

賃貸契約にあたっては、その期間を定めないこともできます。これを、期間の定めのない賃貸借といいます。例えば、親族間などの特殊な賃貸借のケースに見られるものであり、第3者間の賃貸借契約で契約書を取り交わしているものについては、期間を定めないということはあまりありません。

 

通常の賃貸借契約は、期間が定められており、期間の満了によって賃貸借契約を終了させることが可能です。これに対して期間の定めのない場合は、解約の申し入れをすることによって契約を終了させることができます。

解約の申し入れはいつでもできますので、期間を定めない賃貸借契約で、賃借人は、いつ契約が終わるかわからない状態におかれるということです。

 

 

賃貸借契約書を公正証書で行うメリットは?

www.fudousantousinavi.com

 賃借人を立ち退かせる行為はダメ!?非弁行為とは?

www.fudousantousinavi.com

立退き料の相場は?

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI