ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

古い井戸を埋めるにはどうしたらいいか!?

f:id:keiichi2017:20190618005621j:plain

古い井戸

はじめに

現在生活水は、道路から水道管を引き込み、簡単に引き込める時代ですが、昔は、地下水をくみ上げるために地面を深く掘って井戸を作っていました。

現在、井戸の使用は減少傾向にあります。地域によっては、今も井戸水を使用していることはありますが、井戸水の使用をやめるといったことや不動産を売却するために使っていない井戸を埋めたいといったお話があると思います。

本日は、そんな方向けに井戸を埋めるときに行うべきこと、井戸を埋めるときにかかる費用などをご紹介していきます。

 

井戸は、埋める前になぜお祓いをする!?

井戸を埋める時には、お祓いをしましょうと言います。なぜでしょうか。

人は水がなければ生きていけません。井戸は、そんな大切な水を与えてくれる神聖な場所です。昔から、命の源である井戸に感謝の願いを込めてきた人々が、神様の魂が宿っていると考えていたからです。

そのため、井戸を埋める際に、井戸の神様にこれまでの水の恵みに対する感謝をこめて、埋める報告をして、たたることなく元の御座にお帰りいただくようにお願いをすることになります。お祓いをするタイミングは、井戸を埋める前に、神棚の前や井戸の前などで行われます。

 

井戸の埋め方は!?

井戸を埋める際は、できるだけ井戸を掘る前の状態に戻すことが望ましいと言われます。井戸の井筒がある場合も地面に埋まっている部分も含めてすべて撤去してから埋め戻しを始めます。

また、井戸を埋める際に、埋める土石は新しいものを使用して、廃材などを使用しないようにしましょう。

 

井戸を埋める際の息抜きって何!?

息抜きとは、井戸を埋める際に細いパイプを通す作業のことをいいます。息抜きをするのは、井戸に宿っている神様が息をできるようにするという意味や井戸から発生するガスを放出するという意味があります。

神様が息をできるようにというのは、神様に対する人の心遣いの表れでしょう。お祓いと同じように習慣的な意味合いが強いものです。物理的に意味がないように感じますが、例えばパイプがあることにより、過去にその場所に井戸があったということがわかります。そうすると、新たに自宅を建てる時に、その場所は地盤が緩いんだなと理解することができます。

ちなみに、井戸を埋める作業を依頼する時に「息抜きしますか?」とたいてい聞かれますので、よく考えて決めましょう。

 

井戸の埋め戻しの費用はどれくらい!?

井戸を埋めるにあたっては、業者に頼むことになるでしょう。井戸の埋める費用がどれくらいかかるのかは、たいていの人がわからないと思います。

井戸の埋める費用は、地域や井戸の規模によっても異なるでしょう。そのため、見積もりを取るところから始まるでしょう。

相場がどれくらいかというと、大まかに10万円前後であると思います。細かい数字については、業者に見積もりを依頼しましょう。

 

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI