ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

木造の壁厚さってどれくらい!?

f:id:keiichi2017:20190618005819j:plain

戸建ての壁の厚さってどれくらい!?

はじめに

レオパレス21による建築基準法違反のアパートの不正施工問題から、アパート業者に厳しい目が向けられています。レオパレスや大東建託のアパートは、隣の部屋の声が聞こえる、トイレの音が聞こえる、インターホンの音が聞こえるという話は少なくありません。

本日は、建物の壁の厚さってどれくらいかというお話をしていきたいと思います。

 

木造の壁の厚さってどれくらい!?

木造の壁の厚さってどれくらいでしょうか。まず、壁の厚さでも外壁と内壁で異なります。外壁とは、外部に面する壁のことです。内壁とは、室内の空間を作るために必要な、内部にある壁のことです。

木造の場合、ざっくり外壁で160mm~200mm、内壁で130mm~160mmくらいが目安でしょう。

 

RCの壁の厚さってどれくらい!?

RCマンションの外壁の厚さはどれくらいでしょうか。おおむね外壁で180mm程度と言われています。

壁は、厚いほど強度が高くになります。木造と異なり、RCのマンションの外壁の中には鉄筋が入っており、鉄筋とコンクリート両方で建物を支えているとういことになります。

また、外壁の中に鉄筋が1列しかないものと、鉄筋が2列になっているものがあります。これは、鉄筋が2列の方が、強度が高いことになります。

  

壁は厚い方がいいの!?

壁は厚い方がいいのでしょうか!?確かに、壁が厚いと遮音性も増しますし、断熱性も高くなります。

しかし、壁が厚ければ厚いほど、室内の面積は小さくなるわけです。壁が厚ければ厚いほど必ずいいというわけではありません。

良し悪しがありますので、よく考えてみましょう。 

 

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI