ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

東京23区年収ランキング 2016年度TOP5

f:id:keiichi2017:20180120125157j:plain

2016年度の東京23区の年収ランキング TOP5

2016年度の東京23区の年収ランキングを見てみたいと思います。データは、総務省発表のデータによります(課税対象所得を納税義務者数で割り計算)

 

 

第5位 文京区 587万円

第5位は、文京区の587万円です。六義園が有名で、緑が多い閑静な住宅街です。比較的落ち着いた住居エリアと言えるでしょう。最も人気の住宅地のエリアは、大和郷(やまとむら)と呼ばれる本駒込6丁目です。

 

 

第4位 中央区 618万円

第4位は中央区の618万円です。中央区は、銀座や日本橋といった中心商業地のイメージがあると思います。住宅は、東エリアに月島・勝どきといった湾岸エリアの一部でもあるタワーマンション群があります。高層マンションが増えていることから、中央区の所得水準も高くなっていくでしょう。

 

 

第3位 渋谷区 773万円

第3位は、渋谷区の773万円です。渋谷区は、IT企業が集まる渋谷、若者の街である原宿、オシャレな街恵比寿・広尾があります。若者や女性に根強い人気があるエリアです。

 

 

第2位 千代田区 916万円

第2位は、千代田区の916万円です。千代田区は、皇居がある通り、今の日本の中心地です。永田町などの公共機関も多く、昼と夜の人口差があるでしょう。丸の内や永田町などへ勤務するエリートの方々が、近くに住むという需要があると思いますが、住居エリアのイメージが少ないのが千代田区です。

 

 

第1位 港区 1,112万円

第1位は、港区の1,112万円です。港区は、青山、赤坂、麻布、六本木といった(いわゆる3A+R)高級住宅地がある不動産の価格が高いエリアです。富裕層が最も多いエリアでしょう。港区は、2位以下を大きく話しての1位でした。これは、港区に地価の低い場所がないとういことも要因だと思います。今後、このランキングが変わっていくのでしょうか。

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI