ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

3A+Rとは?都心3区、都心5区

f:id:keiichi2017:20180104000204j:plain

都心3区、都心 5区

2017年は、ここ数年続いている不動産価格の上昇が続けて見られました。しかし、一部で新築マンションの売れ行きの悪さ、地銀を始めとしたアパートローンの引き締めから、価格上昇が鈍化しているのは間違いありません。そんな中で、不動産価格(資産価値)が下落しにくい都心部は、相変わらず堅調な動きをしています。

よく、不動産は、都心3区・都心5区で買おうといいます。都心3区・都心5区とはどこを指しているのでしょうか。

都心3区とは、千代田区、中央区、港区になります。また、都心5区は、都心3区と呼ばれる千代田区、中央区、港区に加えて、渋谷区、新宿区になります。

 

 

3A+Rとは?

不動産の購入を検討する場合、交通利便性を考慮して、都心部に住みたいと考える方は多いと思います。ただ、一括りに都心3区、都心5区と言っても様々です。

居住エリアで人気が高いエリアを3A+Rと言いうこともあります。3Aとは、「麻布、青山、赤坂(azabu、aoyama、akasaka)」を、Rとは「六本木(ropongi)」を指しています。

3A+Rエリアは、マンションも人気です。特に、高いエリアですが、部屋が多少狭くても都心に住みたい。建物が古くても都心に住みたいという方々は多いのです。

 

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI