ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

5年ルールと125%ルールとは?

f:id:keiichi2017:20190430002013j:plain

ルール

 

 

5年ルールと125%ルールとは?

変動金利のルールでは5年ルールと125%ルールというものがあります。変動金利の場合は、原則このルールに即したものになりますので注意が必要です。

変動金利と固定金利の違い

住宅ローンの金利のタイプは、「変動金利」と「固定金利」の2種類に分けられます。

変動金利とは、返済途中に定期的に金利が見直されるタイプのローンです。メリットとしては、基本的には、金利タイプの中でこの商品が最も金利が低く設定されています。また、今後金利が上昇しなければ低金利を享受できます。逆にデメリットとしては、将来金利が上昇した場合、返済が苦しくなるという見えない不安があることです。

固定金利とは、ローンを借り入れた時から決められた期間において金利が固定できるローンです。3年固定、5年固定、10年固定といった「固定金利期間選択型」と「全期間固定金利型」があります。メリットとしては、固定金利期間中に世の中の金利水準が上昇したとしても、金利は見直されないため返済額は変わらないため、安心感があります。デメリットとしては、変動金利より金利が高めに設定されている点です。

 

5%ルールとは?

5年ルールとは、金利が変動しても5年間は返済額を変えないというルールです。一般的には、1年に2回金利が見直されますが、返済額は5年間は変えずに、5年置きに見直しを行います。

つまり、金利が上がっても5年間は直前の元利均等返済額を維持しますということです。

 

125%ルール

続いて、125%ルールです。125%ルールとは、5年ごとの返済額の見直しの際に、金利上昇によって返済額大きく上昇することになっても、これまでの返済額の125%が上限になるというものです。

つまり、金利が上がっても上限は直前の元利均等返済額の125%までとするということです。

 

5年ルールと125%ルールは誰のため!?

なぜ、5年ルールと125%ルールがあるのでしょうか?これらのルールは、金利上昇により、返済額の大幅な上昇をさせないというのが意図です。しかし、125%ルールにしても、返済額をカットしているわけではなく、次の5年後に先送りされるだけですので、注意が必要です。

 

 

© 2017 KEIICHI