ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

両手、片手、あんことは?

f:id:keiichi2017:20170302001504j:plain

両手、片手、あんことは?

不動産会社は、不動産売買を成立させた時に、報酬として仲介手数料を貰います。この仲介手数料の種類は、大別して①両手、②片手、③あんこの3つがあります。一つ一つ説明していきます。

 

①両手(りょうて)

不動産会社の儲けの資源は、手数料です。不動産売買は、売主と買主から成り立っており、不動産会社は、売主からの仲介手数料、買主からの仲介手数料を貰うことが可能です。「両手」とは、売いの仲介手数料、買いの仲介手数料の両者から手数料を貰えることを「両手」と言います。中には、「ダブル」という業者もいます。

 

②片手

片手とは、売りの仲介、買いの仲介のどちらか片方の仲介を手掛けることをいいます。売りの仲介は「売側片手」、買いの仲介は「買側片手」と分けられます。

 

③あんこ

不動産取引において、売側仲介会社と買側仲介会社の間に位置する業者を「あんこ」と呼びます。あんこ業者は、1社の場合もあれば、2社の場合もあります。場合によっては、それ以上のあんこ業者がいることもあります。

変な例えですが、饅頭であんこが多いとどうでしょう?バランスが悪くなり、おいしい饅頭がおいしくなくなります。不動産取引でもあんこ業者が多いと伝言ゲームでうまくまとまらないことが多いです。

 

まとめ

不動産会社は、基本的に両手の手数料を狙いに行きます。なぜなら、片手の手数料の2倍の手数料を貰うことができるからです。「両手」「片手」「あんこ」は、不動産業界の専門用語です。覚えておきましょう。

© 2017 KEIICHI