ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

青色申告と白色申告の違い メリット・デメリットは!?

f:id:keiichi2017:20180215113615j:plain

 

青色申告と白色申告

青色申告とは?

青色申告とは、不動産所得、事業所得、山林所得を有する事業者が、毎日の取引を帳簿へ記録し、確定申告書を作成して申告する制度のことをいいます。 原則、複式簿記により帳簿を記録するため、白色申告と比較して手間がかかります。 代りに事業の利益から65万円を差し引けるなど、税金を安くすることができるメリットが用意されています。

 

白色申告とは?

青色申告の申請書を提出していない事業者が行う確定申告制度です。 2014年(平成26年)分からは、すべての白色申告者に「帳簿への記帳」と「帳簿等の保存(期間5~7年)」が義務づけられました。そのため、帳簿の作成だけ考えると、青色申告とそれほど手間は変わりません。

 

www.fudousantousinavi.com

 

 

青色申告のメリット・デメリット

青色申告のメリット

  • 青色申告特別控除(最高65万円)
  • 赤字が繰り越せる(3年間)
  • 家族への給与が経費にできる

 

青色申告のデメリット

  • 青色申告の事前申請の必要あり
  • 帳簿づけに時間がかかる
  • 確定申告の提出書類が多くなる

 

白色申告のメリット・デメリット

白色申告のメリット

  • 事前申請の必要なし
  • 帳簿づけが簡単
  • 確定申告の提出書類が少なくなる

 

白色申告のデメリット

  • 青色申告に適用される特典がない

 

青色申告10万と65万の条件の違い

白色申告の申告方法は1種類ですが、青色申告は2種類あるため、確定申告には合わせて3種類の方法があります。青色申告では、 条件に応じて、10万円控除か65万円控除かを選択できます。65万円控除を受けるための条件は下記の通りです。

  1. 不動産所得の場合、事業として行われていると認められること。不動産を貸付て不動産所得を得ている場合、その不動産貸付けが事業規模でないと65万円の控除が受けることができません。事業規模かどうかは、「アパートの場合は貸与可能な独立した室数が10室以上であること」もしくは「貸家の場合は、5棟以上であること」のどちらかを満たせば、事業として行われていると判断されます。
  2. 正規の簿記(複式簿記)で記帳していること。帳簿の付け方には、単式簿記と複式簿記があります。65万円控除が認められるには、複式簿記を行っている場合です。
  3. 確定申告の必要書類を法定申告期限内に提出。確定申告書類を作成していきます。青色申告では、青色申告決算書と確定申告書Bを3月15日までに提出することになっています。



青色申告の5つのメリット

①青色申告特別控除65万円

②赤字を3年間繰り越すことが可能

③事業を手伝う家族への給料が全額経費になる「青色専従者給与」

④家事分担

⑤少額減価償却の特例

 

 

「私はこうした」という話

私は、今年の時点では、5棟10室に該当していませんが、青色申告をしています。MFクラウドを使えばそんなに時間かかるわけでなく確定申告が出来ますし、将来的に65万控除を受ける際、青色申告に慣れておいた方がいいと思ったためです。

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

 

 

© 2017 KEIICHI