ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

ベッドサイズは把握しておこう(キング、クイーン、タブル、シングル)

f:id:keiichi2017:20171014090908j:plain

引越し時に家具のサイズは、忘れずに図っておこう

引越しをする際に、家具のサイズは重要です。特に大きめの家具については、見誤ると設置できませんので事前に必ず測っておくことが必要です。ベッド、洗濯機、冷蔵庫などのサイズの大きめな家具は特に注意が必要かと思います。

 

ベッドのサイズは?

ベッドには、シングル、ダブル、クィーン、キングなどのサイズがあります。ベットのメーカーによって表現や寸法も違いますので、ここではおおまかな目安のサイズとなります。

 

◇シングル

基準となるサイズは、幅90cm~100cmです。大人1人が寝る基本的なサイズです。2人で寝れないことはないですが、狭いです。また、シングルより少し小さいサイズであるセミシングルというサイズもあります。

 

◇ダブル

基本となるサイズは、幅140cmです。ダブルという名前ですから2人寝ることは可能です。ただ、2人で寝るには、狭いです。シングルで90cmですから140cmで2人は、計算しても狭いですよね。なお、ダブルより小さいセミダブルというサイズもあります。幅120cmになります。

 

◇クイーン

基本となるサイズは、幅160cm~180cmです。大人2人がゆったり狭く感じず寝ることができるサイズです。クイーンからベットのサイズかなり大きく感じると思います。

 

◇キング

最も大きなベッドです。基本となるサイズは、180cm~200cmです。シングルサイズに2倍です。大人2人で余裕がありますが、それだけベッドが大きいため、部屋も大きくないとベッドで部屋のほとんどが埋まってしまう大きさです。

 

ベットを置く場所だけでなく、玄関から入れられるか確認しよう

引越しする際に、ベッドサイズを測り、ベッドを置く部屋のサイズも測ります。しかし、それだけでは足りません。玄関の入り口からベッドを入れることができるでしょうか?ベッドがドアの入り口を通ることが出来ても曲がれるでしょうか?また、マンションの場合は、エレベーターに乗るでしょうか?このあたりも忘れずに確認する必要があります。ベランダからしか入れることができないということもあります。気をつけましょう。

 

 

© 2017 KEIICHI