ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

デベロッパーとは?

f:id:keiichi2017:20170827101505j:plain

デベロッパーとは?

デベロッパー(developer)とは、とは開発業者のことをいいます。宅地開発、マンション開発、再開発、オフィスビル開発、リゾート開発といった事業の主体となる企業のことです。デベロッパーをディベロッパーとも言うこともあります。また、マンションデベロッパーを略して、マンデベといわれます。

 

ちなみに、都市再生機構や公社は、公的デベロッバ ーと呼ばれます。民間デベロッパ ーは、不動産会社、ゼネコン、電鉄会社など様々です。

デベロッパーの事業としては、販売収入等で土地取得、造成・建築費、販売費、一般管理費等の投資額の回収して利益を得てことを目的としています。

 

デベロッパーとゼネコンは何が違う?

デベロッパーとゼネコンは何が違うのでしょうか。デベロッパーは不動産の開発者であり、ゼネコンは実際の工事を請け負う会社にあたります。つまり、立ち位置が異なるということになります。

 

主なデベロッパーとしては、

財閥系(三菱地所、三井不動産、住友不動産)

電鉄系(東急不動産、京王不動産、小田急不動産、京成不動産、名鉄不動産、阪急不動産)

ゼネコン系(大成有楽不動産、清水総合開発)

ハウスメーカー系(積水ハウス、トヨタホーム、旭化成ホームズ)

商社系(三菱、物産、伊藤忠、丸紅、双日)

金融・證券系(野村不動産、東京建物)

独立系その他(森ビル、大京、ゴールドクレス)

などがあります。

 

主なゼネコンとしては、

スーパーゼネコン(鹿島建設、清水建設、大林組、大成建設、竹中工務店)

中堅ゼネコン(戸田建設、前田建設工業、三井住友建設、フジタ、西松建設、東急建設、熊谷組)

などがあります。

© 2017 KEIICHI