ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

エアコンの修理を借主負担にする特約は有効!?

f:id:keiichi2017:20180411224417j:plain

エアコンが壊れた時の修理負担は、借主?貸主?

東京都では「東京における住宅の賃貸借にかかる紛争の防止に関する条例」で対応を定めています。東京ルールといわれるこの条例では、入居中の費用負担として、借主の故意過失や通常の使用方法に反する使用など借主の責任による修繕は借主が、それ以外の修繕は貸主が負担するものとしています。

一般的な考え方として、オーナーは賃貸借契約において、目的物である居室について、借主が使用・収益できる状態を維持しなければいけません。そのため、修繕の義務についても、居室を使用・収益するうえで支障があるか否かによって、修繕義務の有無が決せられることになります。

上記に当てはめて考えると、エアコン等の故障については、貸主であるオーナーが修繕義務を負うと考えられます。

 

エアコンの修理を貸主負担にする特約は有効か?

では、エアコンの修理費用ついては、借主が負担をするという特約を定めた場合、この特約は有効でしょうか。

エアコンについては、現在新品で安いもので数万円~5万円程度で購入することができます。修理についても、数万円程度で修理することが可能でしょう。そのため、借主に多大な負担がかからずに、賃貸借契約時に特約をしっかりと説明をして借主が納得できているならば特約は有効でしょう。注意点としては、過度に借主負担を与える場合は、特約の効力が否定される可能性もあるということです。

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI