ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

オーナーチェンジした時の延滞賃料債権はどうなる!?

f:id:keiichi2017:20180310222833j:plain

オーナーチェンジした時の延滞賃料債権はどうなる!?

例えば、旧オーナーAが新オーナーCに物件を売却したとします。旧オーナーAの時の延滞賃料は、新オーナーCに移転するのでしょうか。延滞賃料債権は、旧オーナーAが賃貸人であった時に発生した独立の債権であるため、オーナーが移転したからといって当然に移転するものではありません。

つまり、別途で旧オーナーAから旧オーナーCへ債権譲渡の手続きをしなければ、新オーナーCに移転するということはないということです。

 

オーナーチェンジした時の解除権は移転するか?

例えば、上記のように旧オーナーAの時に延滞賃料があった場合に、新オーナーCが契約解除することは可能でしょうか。

賃借人Bは、賃料不払いにより旧オーナーAの下で解除権が発生することがあります。そして、通常の契約では、契約上の地位の移転があれば解除権も移転すると考えられます。しかし、賃料不払いに基づく解除権というものは、「延滞賃料債権」と結びついたものであるから、新オーナーCが解除権を行使するためには、「延滞賃料債権」を旧オーナーAから取得する必要があります。

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI