ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

今の実態利回りを把握するには?不動産投資家調査

f:id:keiichi2017:20170820102605j:plain

今の実態の利回りを把握するには?

不動産投資を行う際に、利回りは非常に需要な指標です。土地を購入する際の土地相場と同じものですので、しっかりと把握しなければなりません。しかし、この利回りを相場観を把握することは簡単ではありません。参考となる指標が少ないこと、過去との推移を把握しにくいこと、収益物件のサイトを見ても売出の表面利回りは記載されていても、成約利回りではないこと、また実質利回りの記載もありません。

 

そこで、本日は参考となる2つの指標をご紹介します。その前に「表面利回りと「実質利回り」の違いがいまいち理解が進んでいない場合は、下記の記事を読んでみてから今回の記事を読むと理解が深まると思います。

 

www.fudousantousinavi.com

 

不動産投資家調査

一般財団法人日本不動産研究所が、日本の不動産投資市場における共通理解を深めることを目標に、1994年4月に不動産投資か調査を開始しました。現在は、半年に一度公表しており、社会的な認知度が高まってきています。

 

調査回答は、機関投資家等が行っています。利回りは、いわゆる実質利回りベースの話であり、表面利回りの話ではありません。調査は、レジデンス以外に、オフィス、物流、ゴルフ場、ホテル、ヘルスケア、底地、ショッピングセンター等幅広くデータが得られます。

日本不動産研究所の不動産投資家調査は、web会員としてメールアドレスを登録するだけで見ることができます。つまり、無料ですのでそのまま使いましょう。

 

一般財団法人 日本不動産研究所 » 会員ログイン

 

 

不動産投資に関する意識調査

上記、不動産投資家調査は、機関投資家等の比較的規模の大きな物件の利回りを把握できるものです。個人投資家が把握できる調査資料としては、野村不動産アーバンネット株式会社が公表している「不動産投資に関する意識調査」があります。

 

このアンケートは、野村不動産アーバンネットが運営するノムコムプロという投資用不動産専門サイトの会員が「不動産投資の市況動向」や「今後の購入希望物件」などについて、どのように考えているのかを調査するものです。具体的な利回りの推移は明記されていませんが、投資用不動産の動向を把握することができると思います。

 

不動産投資に関する意識調査 - 不動産投資・収益物件ならノムコム・プロ

 

© 2017 KEIICHI