ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

フリーレント募集物件を借りる際の注意点

f:id:keiichi2017:20180408133210j:plain

フリーレントとは?

フリーレントとは、賃貸借において、入居後に一定期間賃料が発生しない期間のことをいいます。一般的には、賃貸物件で「フリーレント1ヶ月」「フリーレント2ヶ月」といったような表示がされます。例えば、フリーレント1ヶ月だと2年契約のうち最初の1ヶ月の家賃が無料ということになります。

スーモなどの賃貸情報では、こだわり条件で「フリーレント」の項目があるように現在の賃貸市場で一般消費者にも馴染んできています。

 

フリーレントは、違約設定の内容に注意

フリーレント物件のメリットとしては、初期費用が抑えられるということです。賃貸の契約をする場合、初期費用として、「敷金」「礼金」「賃料の前払い」「仲介手数料」「火災保険」「引越費用」「家電・家具」などがの費用がかかってきます。物件によって異なりますが、初期費用で賃料の4~5カ月分くらいかかります。そのため、初期費用がネックになることも少なくありません。

逆にフリーレント物件の注意点としては、違約設定の内容を理解しておくことにあります。通常、フリーレントを設定する場合、オーナーは、一定期間入居者に住み続けてもらうことを前提にしています。そのため、賃貸借契約書には、2年間の契約期間中の中途解約不可とし、条件に違反して中途解約した場合は、違約金を支払う条項が入っていることが一般的です。

オーナーからすると、フリーレント期間が終わってすぐに退去してしまっては、収益が得られないだけでなく、修繕費用の負担だけおうということになるため、このようになっています。賃貸借契約書は注意して確認しましょう。

 

www.fudousantousinavi.com

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI