ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

区分所有特有の重要事項②:法定共用部分と規約共用部分

f:id:keiichi2017:20170326134611j:plain

法定共用部分と規約共用部分

専有部分に通ずる廊下、階段等の構造上独立性を有しないまたは利用上の独立性を欠く建物の部分のおよび建物の付属物は、当然に共用部分となります。これを法定共用部分と言います。

専有部分なり得る建物の部分および付属の建物も規約によって共用部分とすることができます。これを規約共用部分と言います。

 

「法定共用部分」「規約共用部分」の具体例

法定共用部分の具体例としては、共用玄関、ホール、廊下、エレベーターホール、エレベーター機械室、床スラブ、バルコニー、アルコープ、室外機置場などがあります。規約共用部分の具体例としては、集会室、管理人室、屋外の車庫などがあります。

 

なお、共用部分の共有持分は、専有部分の床面積の割合により定められることが一般的ですが、マンションによっては専有部分の戸数割合により定められることがありますので、管理規約をよく確認しておく必要があります。

© 2017 KEIICHI