ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

不動産投資における「維持管理費」について

f:id:keiichi2017:20170702195206j:plain

運営費用の「維持管理費」について

不動産投資では、運営費用がかかります。運運営費用は、維持管理費、修繕費、PMフィー、テナント募集費用、公租公課、損害保険料等がかかります。そのうち、今回は、維持管理費の話をしていきます。

 

f:id:keiichi2017:20170702200659j:plain

 

維持管理費とは?

維持管理費とは、「建物・設備管理、保安警備、清掃等対象不動産の維持・管理のために経常的に要する費用」です。維持管理費の項目としては、「清掃費」「設備費」「環境衛生費」「警備費」等があります。具体的な項目で説明していきます。

 

①清掃費は、「専用部日常清掃」「共用部日常清掃」「共用部定期清掃」「共用部床洗浄」「ガラス清掃」「廃棄物処理」等に分けられます。

なお、「専用部日常清掃」は、マンション・アパート等の住宅ではイメージがわきませんが、オフィスの場合は、オフィスの中の日常清掃等をする場合もあります。

 

②設備費は、「管理員業務」「エレベーター保守点検」「消防設備点検」「空調設備点検」「電気工作物保守点検」「機械式駐車場保守点検」等に分けられます。

 

③環境衛生費は、「受水槽清掃」「簡易専用水道検査」「飲料水検査」「空気環境測定」「ねずみ衛生害虫駆除」等に分けられます。

 

④警備業務は、「警備業務費」「駐車場管理業務費」「機械警備業務費」「建築設備定期検査」等に分けられます。

 

例えば、木造アパートですと、「①清掃費では共用部清掃②なし③受水槽清掃(受水槽が設置されている場合)④なし」が該当します。

© 2017 KEIICHI