ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

不動産売買 印紙の節約方法はあるのか?

f:id:keiichi2017:20171123171313j:plain

不動産売買 印紙の節約方法はあるのか?

不動産売買契約において、印紙を貼付するのは、大きく分けて2つあります。一つは、不動産売買契約書に貼付します。もう一つは、領収書に貼付することになります。

 

①不動産売買契約書への印紙の節約

不動産売買契約書は、売主・買主の契約当事者が各1通ずつ保有することが一般的です。売主が1通、買主が1通共に保有するのは、「契約の当事者がそれぞれ相手方当事者に対して成立した契約の内容を主張・証明するためです」ものであるためです。

例えば、不動産売買契約書を売主が写し、買主が原本とする場合、売主は売買契約書の写しを保有するにすぎませんので、原則印紙税の課税対象になりません。この場合、印紙代は、売主が0円の場合と、買主が保有する契約書の印紙代を売主・買主で折半する場合があります。いずれにしても印紙代の節約にはなります。

 

www.fudousantousinavi.com

 

 

②領収書への印紙を節約

 不動産売買契約の売買代金を受領する場合、領収書を発行します。この領収書に売主が法人であったり、課税業者である場合には、印紙を貼付する必要があります。受領金額が大きくなると印紙代も大きくなります。そこで、領収書に貼付する印紙を節約する方法があります。

 

例えば、売買代金1億2000万円の代金受領に対する領収書は、4万円の印紙が必要になります。しかし、この領収書を1億円と2000万円の2枚に分割して領収書を作成すると、2万円+4千円で2万4千円の印紙代ですむということになります。そのため、1万6千円の節約ができたことになります。

 

印紙に関する関連記事は、下記をご覧ください。

www.fudousantousinavi.com

 

www.fudousantousinavi.com

 

 

© 2017 KEIICHI