ローリスク不動産投資

ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

1種単価とは?

f:id:keiichi2017:20170302001504j:plain

坪単価と一種単価

不動産の話では、専門用語が多く出てきます。本日は、「坪単価」「一種単価」の2つの専門用語について説明していきます。

 

坪単価」とは、1坪当たりの土地の単価をいいます。例えば、土地面積100坪、土地価格2億円だった場合の坪単価は、坪200万円となります。

◇計算方法:2億円÷100坪=200万円/坪

 

一種単価」とは、容積率100%当たりの単価をいいます。例えば、土地面積100坪、容積率400%、土地価格2億円だった場合の一種単価は、一種50万円となります。

◇計算方法:2億円÷100坪÷4=50万円/一種

 

 

床面積あたりの土地価格を計算するというイメージです。不動産業界に身をおいていて、一種単価の話が一番出てくるときは、デベロッパーの方と話をする際です。例えば、マンションデベロッパーは、①一種単価いくらの土地を仕入れて②建築費いくらの建物を建築し③経費と利益を考慮した上で④分譲マンションの価格を決定します。マーケットでは、④の相場が既にあり③の経費率と利益率は把握しており、②建築費もある程度わかっています。デベロッパーは、逆算で一種単価(土地値)がいくらかという計算をします。

なお、投資家が土地に建物を建築し賃貸することを想定する場合も一種単価の概念が出てきます。覚えておくと便利です。

© 2017 KEIICHI