ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

上棟式とは?

f:id:keiichi2017:20180113095348j:plain

上棟式とは?

上棟式とは、無事棟が上がったことに感謝して、無事建物が完成することを祈願する儀式です。上棟式は、新築の家の基礎などの土台が出来上がり、柱、梁、桁などの骨組みが完成したあと、棟木を取り付けて補強する際に行います。

新築戸建てを購入する際、土地を購入後独自で建物をプランニングする時には、上棟式という儀式があるでしょう。一度きりで、初めてのことですから、事前に内容を把握しておきましょう。

 

用意するもの

  • 塩、お酒、お米(建物の四方にまいて清め上棟の儀を行うときに使います)
  • 料理、飲み物(宴席)
  • ご祝儀(大工さんなど。5000円~2万円程度)
  • 引き出物、折り詰め等

 

上棟式の流れ

  1. 施行会社の棟梁が棟木に飾り物を付ける
  2. 祭壇に御幣や桝、神饌物を飾る
  3. 建物の四方に酒、塩、米をまいて清める。
  4. 施主によるあいさつ、乾杯から宴会へ
  5. 棟梁や工事関係者のあいさつ
  6. 施主から職人へご祝儀を渡す
  7. 1本締めを行う

 

料理やご祝儀は、忘れずに準備しましょう。また、事前に施工業者へ出席者の人数を確認しておくとよいでしょう。お酒や料理などは、その土地のやり方がありますので、細かい点は施工業者と相談したうえで準備するといいでしょう。

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI