ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

印紙を貼る時に使うスポンジの名前は?

f:id:keiichi2017:20170528172538j:plain

 印紙を貼る時に使うスポンジの名前は?

不動産の売買では、売買契約書や領収書に印紙を貼ります。その時に不動産会社の担当者がスポンジのようなものを持ってきます。これを「海綿」といいます。

新人の頃は、「印紙貼る時に水つけるやつどこにありますか?」とか社内で言ってました。不動産にかかわる仕事をしていても何年も覚えることができませんできず、先輩に「何度教えてもお前は忘れるな」と言われたのが今でも覚えています。私の心の中では「スポンジで通じるでしょ」って思ってましたけど、一応正式な名前は海綿」ということです。あまり海綿という言葉じたいは、使うことは少ないかもしれませんが、実際「海綿」は銀行でも使うことがあるますので、覚えておいて損はないかと思います。

 

海綿ってそもそも何なのか?

海綿は、海底の岩や砂州に付着している海の生物です。これは、実際お客様から教えて頂きました。ある時、決済引渡しで銀行にて印紙を貼る時に、金融機関担当者に「スポンジ貸して貰えますか?」と言ったところ「海綿ですね。お待ちください」と言われたのですが、お客様が海綿って海の生物なんだよって教えてくださいました。感謝感謝ですね。それからは、海綿という名前は忘れなくなりました。

 

 

 おすすめの不動産マメ知識の記事です。是非ご覧下さい。

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

© 2017 KEIICHI