ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

解体費用の相場と注意点、相見積もりの重要性

f:id:keiichi2017:20171110234448j:plain

解体費用の相場

建物を壊す際の解体費用はどれくらいかかるのでしょうか?相場はどれくらいでしょうか?本日は、解体費用についてお話していきます。

実際に建物を解体する際には、手順として①現地確認②解体の見積もり③解体作業④支払いの流れとなります。建物の解体の見積りは、複雑な計算によって解体費用の総額を計算しています。そんな中、今回は解体費用の相場というおおざっぱなお話です。分かりやすく「坪単価いくら」という表現にて説明していきます。

 

  • 木造(W)建物:坪単価3万円~5万円
  • 鉄骨(S)建物:坪単価5万円~7万円
  • 鉄筋(RC)建物:坪単価7万円~10万円

※建物の延床面積に対する単価です。

  

例えば、木造二階建て30坪の場合、90万円~150万円程度になります。木造二階建て50坪の場合、150万円~250万円程度ということになります。もちろん例外や注意点もあります。こちらは、後ほど詳細を説明します。

 

解体費用の算定方法

解体見積りは、様々な項目があり、その詳細内容によって解体費用の算出を行います。また、建物以外に付属物として、隣接地との間にある塀やブロック塀、カーポート、庭木や庭石、建物内の残置物などがある場合には別途工事費用がかかります。工事費用の算出内容をみていきます。

 

1.建物の構造

木造建物の場合、鉄骨の建物や鉄筋の建物と比較して解体工事がしやすく、重機の使用も異なるため、費用がかわってきます。基本的には、木造が最も安く、鉄骨、鉄筋と続いていきます。

 

2.解体工事の作業員の人数

解体工事には、人件費も含まれています。この人件費は、当然人数が多いと高くなります。また、解体工事日数が長いと高くなります。人件費が高くなるパターンとして、例えば、道路が狭い場所で工事車両が入らない場合や逆に幹線道路など車の量が多いため、誘導員を何人か配置する場合などは人件費が高くなります。

 

3.養生、足場設置

解体工事の際には、建物解体による破片が隣地へ飛ばないため、ほこりの拡散や防音のために養生を行います。建物が大きい場合は、養生をする面積が増えるため、費用が高くなります。また、商業地などの隣接の建物と距離が狭い場合は、足場設置に苦労します。

 

4.建物内の残置物

原則、解体業者が提出する見積もりには、建物内部の残置物の処分費用は、入っていません。依頼者である自分で処分するのか解体工事と一緒に解体業者に処分してもらうかの選択となります。残置物は自分である程度処分できたり、家具や絵などの美術品などは、物によっては売却することも可能ですので、検討べきだと思います。

 

5.建物以外の解体費用

建物以外に、塀やブロック塀、カーポート、庭木や庭石、建物内の残置物などの撤去も行う場合は、別途費用もかかります。そのため、現地見積もりの際などに解体業者と打ち合わせする必要があります。

  

解体の注意点

解体を依頼する際には、注意点がいくつかあります。十分に注意しながら見積もり、解体工事に入る必要があります。解体工事終了後に確認不足で失敗したということがないようにしましょう。

 

1.建物の杭などの地中障害物

建物の解体見積もりは、通常地上にある建物解体費用です。例えば、地中にある建物の杭まで撤去する場合は、事前に建物図面等を確認して杭の位置、深さなどを確認して、杭を抜く費用を確認する必要があります。逆に建物が古くて建物図面等がない場合は、実際に建物を取壊してみないとどこに杭が打たれているか、どのくらいの深さに打たれているかはわかりません。

 

2.残置物撤去費用は必ず現地確認

上記で説明しましたが、建物の解体費用は、おおまかな相場があります。しかし、建物内の残置物は実際の現場で見てみないと、どういった物がどれくらいあるかがわかりません。そのため、現地見積もりを必ずとりましょう。

 

3.道路が狭い解体現場

道路が狭い解体現場も注意が必要です。物件の前面道路が狭いと車両を止めたり、車両が入ってくることが難しくなってきます。そうなると解体作業にユンボを使用することができず、作業員が手で建物を壊す「手壊し」作業で行うため、作業員の人数が多く必要であり、時間もより長くかかってしまいます。例えば、同じ木造二階建て30坪の解体だとしても立地条件、道路条件によって、解体費用は変わってきます。

 

4.建物にアスベストがあるか?

建物にアスベストが含有されている場合、解体費用が高くなります。アスベストのレベルによって解体作業の手順も変わりますので、一概に言えませんが、1.5倍や2倍かかることもあります。建物が古い場合は、解体業者にアスベストの有無についてしっかりと確認してもらいましょう。

 

解体は相見積もりをしよう

解体見積もりは、安くなるものでしょうか?引越しなどでの同じことが言えますが、相見積もりを取ることが有効です。A社からの見積もりとB社からの見積もりを取得して、価格交渉をするということです。あまり、相見積もりを取りすぎると業者側に嫌がられたり、自身でも断る手間が増えたりしますので、適度に行うことがいいでしょう。

 

解体の見積もりサイトです。参考ください。↓

© 2017 KEIICHI