ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

買取りのメリット・デメリット

f:id:keiichi2017:20171225215244j:plain

買取りのメリット

不動産は、エンドユーザ―に売却するだけでなく買取り業者に売却することもあります。特にマンションの買取り業者は、参入障壁が低くかなりの数の会社が買取りを行っています。彼らは、マンションを安く購入して、リフォーム等をして高く売却するというスキームです。買取り業者へ買取って貰う場合のメリットは、以下の通りです。

 

  1. 売却にあたってリフォームをする必要がない
  2. 瑕疵担保免責の条件で売却することができる
  3. 比較的早く現金化ができる
  4. 水面下売却ができる(インターネット、チラシを使わない)
  5. ケースによっては仲介手数料がかからない

 

不動産を売却する場合、通常売主が瑕疵担保責任を負います。例えば、給排水管がこわれたりした場合、売主に直してもらいます。しかし、買取り業者へ売却する場合は、その責任は負いません。買取り業者は、プロだからそういった取引ができるのです。

また、通常2~3月売却に時間がかかりますが、買取り業者の場合は、金額さえ合意すれば、売却期間はより短くなるでしょう。

不動産を売却する場合に、近隣の方々に知られたくないといったことも事情によってはあるでしょう。こういった時も買取り業者を使うといいでしょう。

 

www.fudousantousinavi.com

 

買取りのデメリット

買取り業者への売却のデメリットは、一つだけです。それは、価格が安くなることです。あくまで目安ですが、エンドユーザーが購入するいわゆる相場と比較して売買価格の70%~80%程度が多いでしょう。例えば、4000万円の物件だった場合は、2800万円程度ということになります。

不動産マーケットが好調で、物件によっては、売買価格の90%程度で買取りを行う業者もあるでしょう。売買の条件を考えると、デメリットばかりではありません。

 

買取りをおススメする場合とは!?

買取りをおススメする物件もあります。ひと言でいうと売りにくい物件は買取り業者に買ってもらうということです。具体的に見ていきましょう。

 

  1. 築年数の古い物件
  2. 事故物件(自殺、事件、火災など)
  3. 室内の状態が悪い物件

 

こういった物件はエンドユーザーに売却することが難しく、売却まで時間がかかることが多いです。価格によっては、不動産業者へ売却することも考慮すべきでしょう。

 

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI