ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

会社員の副業はバレる?住民税は自分で納付

f:id:keiichi2017:20180222230541j:plain

会社員の副業は、バレる?住民税は自分で納付

働き方改革という言葉が、世の中にも少しずつ浸透しつつあります。しかし、多くの会社では、まだ古い体質のままということが多くないでしょう。社員の副業についても禁止している会社がほとんどだと思います。

そんな副業ですが、会社にバレてしまう一番の原因は住民税です。会社員の場合、住民税は給与から天引きされます。これを特別徴収といいます。住民税は1年間の収入を合算して計算されるため、副業の収入が多ければ住民税の金額も大きくなるということになります。給与に見合わない住民税が天引きされるとなんで!?ということになります。これを回避するための方法として、住民税を自分で納付(普通徴収)するという方法があります。

 

実際には、確定申告の際に、住民税の徴収方法という箇所で自分で納付(普通徴収)を選択します。こうすることによって、給与以外の収入があっても会社に住民税の通知がいくことは原則ありません。 

 

 

確定申告で住民税を「自分で納付」は、どこで選ぶか?

確定申告では、どこで「自分で納付」を選ぶのでしょうか。実際に確定申告の画面で見ていきましょう。

f:id:keiichi2017:20180225203412j:plain

上記は、全ての項目の入力が完了し、計算結果の確認をした後に、この「住民税等入力」の画面になります。入力終了で次に行きます。

 

f:id:keiichi2017:20180225203453j:plain

続いて出てくるのが、上記の画面です。「住民税・事業税に関する事項の入力」です。「給与・公的年金等以外の所得がある方の入力項目」で選択します。住民税の徴収方法の選択は、「給与から天引き」と「自分で納付」の2つがあります。ここで自分で納付(普通徴収)を選ぶことで完了します。間違えずに選択しましょう。

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI