ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

確定申告しないとどうなるの!?ペナルティは!?

f:id:keiichi2017:20180222231314j:plain

 

確定申告とは?

確定申告とは、所得にかかる税金の額を計算し、税金を支払うための手続きのことをいいます。個人所得の計算期間は1月1日から12月31日の1年間で、確定申告書や決算書などの必要書類をそろえて、税務署に申告・納税します。

 

確定申告をしなくていい金額は、103万円以下!?

勤めていて給与(アルバイト、パートなど)をもらっている場合

課税される所得は、給与所得控除額(65万円)と基礎控除(38万円)の所得控除を差し引いた残額となります。そのため、給与収入が103万円以下で、他に所得がない場合は、所得税はかかりません。従って、確定申告の必要がありません。

 

個人事業専業(ネットビジネスなど)の場合

個人事業専業の場合は、給与所得があるわけではありません。そのため、基礎控除の38万円以下になる場合は、確定申告の必要がありません。

 

給与所得者で副業が20万円以下の場合

会社に勤める給与所得者で、副業で収入がある場合、副業の合計所得が20万円以下の場合は、確定申告の必要がありません。

 

 

 

確定申告をしないとどうなる?ペナルティは?

確定申告で申請義務があるのに、申請しなかった場合、これは脱税となります。「確定申告をしなくてもバレないのではないか」と思って申告しないのはNGです。必ず申告しましょう。

仮に無申告だった場合に、バレない人もいれば、バレる人もいるでしょう。しかし、申告しなかった後の重たいペナルティもあります。必ず申請しましょう。

 

無申告加算税とは!?

無申告加算税は、確定申告の申請を3月15日の期限内に提出しない場合に課される罰則的な税金です。実際に、納めるべき税金に加えて無申告加算税を支払うことになります。無申告加算税は、納めた税金の金額が50万円までは15%、50万円以上の場合は20%です。ちなみに、税務署から調査を受ける前に期限後申告を自主的に行った場合は5%です。

 

延滞税とは!?

延滞税は、確定申告の期限である3月15日までに支払うべき税金を完納しない場合に課せられる罰則的な税金です。延滞税の額は、申告期限から申告書を提出した日までの日数になります。遅くなればなるほど、延滞税も大きくなりますので注意が必要です。

 

ほ脱とは!?

ほ脱とは、納税義務者が不正な手段によって、税を免れる行為のことをいいます。これは、犯罪行為になります。ほ脱を行った場合は、無申告加算税延滞税に加えて重加算税の支払いが課されます。また、所得を少なく申告したり、売り上げを隠蔽したりといったほ脱行為は、刑事罰に処されることもあります。

 

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

 

 

© 2017 KEIICHI