ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

マンション管理組合はないことあるの!?設置は義務?任意?

f:id:keiichi2017:20180826110853j:plain

 

はじめに

マンションの管理組合は、ないことあるのでしょうか!?今回は、マンションの管理組合の設置が義務なのか、それとも任意について見ていきたいと思います。

 

区分所有法第3条

区分所有者は、全員で、建物並びにその敷地および付属施設の管理を行うための団体を構成し、この法律の定めるところにより、集会を開き、規約を定め、および管理者を置くことができる。一部の区分所有者のみの共用に供されるべきことが明らかな共用部分をそれらの区分所有者が管理するときも、同様とする。

 

第3条の趣旨

本条では、区分所有建物にあっては、区分所有者が全員で当然に団体を構成すること、その団体が建物ならびにその敷地および付属施設の管理を行うことを定めています。管理を行うために、集会を開き、規約を定め、管理者を置くことができます。このことは、一部共用部分を一部の区分所有者が管理するときも同様です。

 

管理組合の設立は義務?任意?

区分所有法第3条は、1983年改正法によって新設された規定になります。改正前においても、多くの分譲マンションにおいて建物等の管理を行うために任意に管理組合が設立されていました。しかし、区分所有者の団体に関する規定を欠いていました。そのため、改正前法下で任意に設立された管理組合においては、その意思決定を管理組合参加者以外に及ぼすことができませんでした。

そこで、本条を設けて、区分所有建物にあっては、その建物ならびに敷地および付属施設の管理を行うことを目的とする団体が区分所有者全員によって当然に構成されるものとみなし、そのような団体の存在を前提として、区分所有者は、本法の定めるところによって集会を開き、規約を定め、管理者を置くことができる旨を定めました。

現行法であっても管理組合の設立は、義務ではなく任意になります。ただし、管理組合が招集した集会、管理組合が定めた規約、管理組合が選任した管理者については、本条の要件を満たす限り、区分所有者全員にその拘束力を及ぼすことになります。

つまり、300人の区分所有者からなるマンションにおいて、区分所有者250人で構成する管理組合の規約は、区分所有者および議決権の各4分の3以上に当たる組合員が管理組合の総会で賛成にて可決すれば、管理組合に参加しているか否かを問わず区分所有者全員に効力を及ぼすことになります。

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI