ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

平成29年度分(平成30年受付)税金還付に実際どれくらい時間がかかったか!?

f:id:keiichi2017:20180304201110j:plain

 

確定申告の受付期間

まずは、確定申告の受付期間について見ていきます。平成29年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告の相談及び申告書の受付は、平成30年2月16日(金)から平成30年3月15日(木)までです。なお、還付申告については、平成30年2月15日(木)以前でも行えます。

次に、e-taxを使った場合ですが、平成30年1月16日(火)から平成30年3月15日(木)まで24時間稼働となっています。詳細は、下記の通りです。

 

・平成30年1月4日(木)から1月12日(金)まで、8時30分から24時まで

・平成30年1月15日(月)から3月15日(木)までは、24時間e-tax利用可能(但し、メンテナンス時間を除く)

 

www.fudousantousinavi.com

 

還付申告とは?受取方法は?

還付申告とは?

還付申告とは、確定申告書を提出する義務がない人でも、給与から源泉徴収された所得税額や予定納税をした所得税額が年間の所得金額について計算した所得税額よりも多すぎる時に、確定申告をすることによって、納めすぎた所得税の還付を受けることができます。この申告を還付申告といいます。

 

還付金の受取方法は?

還付申告は、まず、通常通り確定申告書を提出します。そこから、確定申告書の確認、振込先の確認、支払い手続き、還付金の支払いの流れとなります。

還付金の受取りには、預貯金口座への振込とゆうちょ銀行各店舗又は郵便局に出向いて受け取る方法があります。ほとんどの方が、受取りよりも預貯金口座への振込で対応しているものと思われます。 

 

還付金の受取りで注意する点

還付金の受取りにあたって、下記の3点について注意しましょう。

  1. 預貯金口座への振込みでは、還付金の振込に指定できる預貯金口座は、申告者ご本人の口座に限られます。(ご本人氏名のほかに店名、事務所名などの名称が含まれる場合、振込みができないことがありますので、ご本人の氏名のみの口座を指定してください。また、旧姓のままの名義である場合には、その納税管理人の名義の預貯金口座となります。)
  2. 銀行等の口座へ振込みを希望する場合、原則として、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合及び漁業協同組合の預金口座に振込が可能です。ただし、一部のインターネット専用銀行については、還付金の振込みができませんので、振込みの可否について、あらかじめインターネット専用銀行に確認しましょう。
  3. ゆうちょ銀行の口座への振込みを希望する場合、確定申告書の「還付される税金の受取場所」欄には、貯金通帳の口座の5桁の「記号」と2から8桁の「番号」をつなげた7から13桁の記号番号のみを正確に記載します。

 

還付金の支払いは、一般的にどれくらい時間がかかるか?

還付金の支払いは、一般的にどれくらい時間がかかるのでしょうか。一般論として、国税庁のHPに記載されている内容を見てみましょう。

還付金支払い手続きにはある程度の日数が必要となります。特に2月・3月の所得税及び復興特別所得税と消費税及び地方消費税の確定申告期間中は、大量の申告書が提出される時期ですので、還付金の支払時期にはおおむね1ヶ月から1ヶ月半程度の期間を要します。

なお、e-tax(電子申告)で提出された還付申告は3週間程度で処理しています。(e-taxで1月・2月に提出された場合は、2~3週間程度で処理しています。)つまり、最短で2週間、遅いと1ヶ月半以上かかることもあるということです。

 

 

私が、実際にかかった還付金支払いに要した日数は?

2月11日に還付申告実施

実際に私が、平成29年度分(平成30年受付)について確定申告をした際に還付金支払いまでに要した日数を見てみます。今年、私がe-taxを使って還付申告をしたのは、平成30年2月11日になります。

なお、e-taxを利用して還付申告を行った場合には、税務署に問い合わせをすることなく、e-taxにログインすることにより還付金の処理状況が確認できるようになっています。また、電子メールアドレスの登録をしている場合は、還付金処理状況の確認が可能となっ時及び処理状況が更新された時に、メールでお知らせ通知が届きます。処理状況の表示内容は、下記のようになっています。

 

f:id:keiichi2017:20180310141420j:plain

 

申告書の内容を確認しています。

f:id:keiichi2017:20180307212419j:plain

還付申告をして、処理状況が確認できるようになると上記のような画面が出てきます。「申告内容を確認しています。」という画面です。還付申告をしたのが2月11日で2月21日の10日目で状況変わらずです。

 

「還付金の支払手続を取消しました」ってどういうこと?

f:id:keiichi2017:20180307212439j:plain

2月22日にメールで税務署から「還付金の処理状況に関するお知らせ」が届きました。問題なく進んだかなと思って、e-taxにログインすると「還付金の支払手続きを取り消しました」という画面になっています。 

この画面を見た後、申告に間違いがあったのか、提出書類に不備があったのか、いずれにしても取り消しをされたという状況です。とりあえず、1日待ってみようと思って、待ってみましたが、特に税務署からの連絡はない状況です。

心配になり自分で調べてみたところ理由がわかりました。私は、2月11日に還付申告を行い、すぐに内容の間違いに気づき、修正版を送信しています。どうやら、最初に送った内容について取消しをされたということのようです。事務的だなぁという思いと1通目の申請の取消しまでで11日が過ぎているということで、還付されるまでまだまだ時間がかかりそうだと感じました。

 

還付金額や振込先の金融機関情報などの確認を行っています。

f:id:keiichi2017:20180307212500j:plain

 2月27日にメールで税務署から「還付金の処理状況に関するお知らせ」が届きました。確認してみると、処理状況が「還付金額や振込先の金融機関情報などの確認を行っています。」に変わっていました。もう少しかなと思い一安心です。

 

 還付金の支払手続きを下記の日程にて行います。

f:id:keiichi2017:20180307212520j:plain

2月27日の「還付金額や振込先の金融機関情報などの確認を行っています。」の連絡から次に来たメールは3月6日でした。還付金額と振込先の確認で1週間がたった時です。内容は、「還付金の支払手続きを下記日程にて行います。」というものです。3月8日に還付金支払手続きを行い、長い場合は、4~5日程度要するということです。

 

住信SBIネット銀行からの振込連絡メールは、3月9日(金)0時7分

3月9日に銀行口座に還付金入金が確認できました。私は、2月11日に還付申告をしましたので、26日間かかったことになります。2月15日前にe-taxで申請したため、もう少し早く処理されるかと思っていました。住信SBI銀行からの振込連絡メールは、3月9日の0時7分に振込入金のお知らせが来ました。遅いな、なかなか振り込まれないなと思っていましたが、税務署も忙しいということですね。少し時間がかかりましたが、今年の還付申告は完了しました。 

 

確定申告を税理士へお願いするという選択肢

私は、確定申告を自分で行います。自分でやることによって、税務について学ぶことができる、コスト面で節約できるというメリットがあります。しかし、中には手間を省くことを最優先に考えている方もいらっしゃいます。そういった場合は、税理士先生にお願いする方がいいでしょう。

税理士をご存知の方は、頼んでみましょう。また、税理士を紹介してもらえる方は紹介してもらいましょう。もし、税理士の知り合いがいない状態の場合は、下記の税理士紹介ネットワークを参考にしてみてください。税理士紹介は、無料になります。

 

 

 

 

www.fudousantousinavi.comwww.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

 

© 2017 KEIICHI