ローリスク不動産投資

ローリスク不動産投資

不動産投資をいかにリスクを最小限にするか、不動産投資への独自コメント、豆知識、不動産投資本の紹介を通してお話していきます

重要事項説明24:建築協定

f:id:keiichi2017:20170326134611j:plain

建築協定

建築基準法は、最低限の規準であるため、より良い住環境を望む人たちにとってやや物足りないものに感じるかもしれません。そこで、一定の地域の住民が同意して建築に関する協定を結ぶことができるようにされています。

 

建築協定が締結できる区域

市町村は、その区域の一部について住宅地としての環境又は商店街としての利便を高度に維持増進する等、建築物の利用を増進し、かつ、土地の環境を改善するため必要があると認める場合においては、建築協定を締結することができることを、条例で定めることができます。

 

建築協定の締結

建築協定は、土地の所有者及び借地権者の全員の合意により一定の区域を定め、その区域内における建築物の敷地、位置、構造、用途、携帯、意匠又は建築設備に関する基準についての協定を艇蹴るすることができます。

 

建築協定の変更・廃止について

建築協定区域内における土地所有者等は、全員の合意により内容を変更することができます。また、建築協定区域内における土地所有者等は、過半数の合意により建築協定を廃止することができます。

 

私の勝手なイメージですと、高級住宅地などはこういった協定があるという印象があります。チバリ―ヒルズなんかも建築協定があるはずです。

 

© 2017 KEIICHI