ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

決済引渡時の必要書類と着金確認について

f:id:keiichi2017:20180103201037j:plain

不動産は、売買契約も大事ですが、決済引渡時は、最も重要です。書類や金銭の忘れ物がないようにしましょう。

 

売主の必要書類

  1. 登記費用(抵当権抹消・住所変更登記費用など)
  2. 仲介手数料残金
  3. 登記済権利証(登記識別情報)
  4. 印鑑証明書(3カ月以内に発行のもの)
  5. 住民票(住所変更登記がある場合)
  6. 本人確認書類(免許書・パスポート等)
  7. 実印
  8. 物件の鍵(宅配ボックスやポストの暗証番号など)
  9. 引渡書類(管理規約、分譲時パンフレット、賃貸の場合は賃貸借契約書など)
  10. 預金通帳など(売買代金等の振込先)

 

 

買主の必要書類

  1. 残代金
  2. 仲介手数料の残額
  3. 固定資産税、都市計画税、管理費等の清算金
  4. 登記費用(登録免許税、司法書士への報酬)
  5. 印鑑証明書(3ヶ月以内に発行のもの)

 

決済引渡時の注意点

必要書類、金銭について確認が出来ましたでしょうか。次は、決済引渡時の注意点について説明していきたいと思います。

 

決済場所

決済場所は、基本的に買主が使う金融機関になります。これは、融資実行の手続きが必要だからです。買主が融資を利用しない場合は、自由に売主買主で調整していくことになります。

 

着金確認

残代金の支払いは、大きな金額です。また、売主の担保抹消が必要な場合が多いこともあり、基本的に振込で支払われます。この時の着金確認をどのようにするかです。方法は、いくつかあります。

  • 買主が振込んだ振込用紙(銀行の受領印があるもの)の控えを売主に渡して、決済完了。
  • 振込金融機関に事前に話をしておき、電話確認しておく。(金融機関によって口座名義人本人でないと回答してくれない場合があります。)
  • 着金確認が必要な金融機関まで行って記帳し確認する。
  • インターネットバンキングなどを使って、その場で確認する。(スマホ)

 

この他にも、法人同士の取引の場合などは、財務担当が確認して、電話連絡待ちなどがあります。いづれにしても、着金確認をどのようにするかは、仲介会社担当者と確認しておくべきでしょう。

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

 

© 2017 KEIICHI