ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

新築アパート⑰共用部に下水道料金について

f:id:keiichi2017:20171118201020j:plain

 

水道料金・下水道料金について

東京都では、下水道料金は、水道料金と同時に徴収しています。これは、徴収経費の削減などが理由のようです。通常は、水道メーターを2ヶ月ごとに検診して徴収をおこなっています。

では、下水道料金は、どのように計算されているのでしょうか。下水道料金は、「排出する汚水の量によって計算されます」と下記の下水道局のホームページ記載があります。そして、水道を使用している場合「水道の使用水量を汚水排出量とみなしています。」ということです。

下水道料金の計算方法、お支払方法等について|東京都下水道局

 

 

アパート共用部の下水道料金について

アパートの場合、下水道料金は、どのようになるのでしょうか。一般的には、専有部分については、賃借人が負担するものであり、共用部分については、オーナーが負担することになります。そして、アパートであろうとマイホームであろうと上記のような水道の使用料に伴って支払うことになります。

 

私は、アパートの共用部分という場所に特化して考えると、お手洗いがあるわけでもないし、食器を洗うシンクやお風呂があるわけでもありません。私が所有するアパートも共用部に一か所水が出る場所がありますが、排水と言っても下水管に流しているわけではなく、出た水がそのまま敷地内に浸透しているに過ぎないのです。そこで、私は、お客様センターに連絡をして聞いてみることにしました。

 

■私「アパートの共用部分の下水道料金についてお聞きしたいのですが、よろしいでしょうか。アパートの共用部分には、トイレもお風呂も汚水を排出するというようなものがないのですが、それでも下水道料金が発生するということでしょうか。」

■オペレーター:「一般的に、水道をご契約すると、水道をご利用になって排水も伴うことになります。そのため、水道の利用に見合った下水道料金がかかるという考えでございます。」

 

理屈として納得仕切れない所もありますが、ルールということなのでしょう。問い合わせして、その答えが返ってきて、ルールだということで自分に納得させました。

© 2017 KEIICHI