ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

マンションとアパートの違いは!?

f:id:keiichi2017:20170924185648j:plain

マンションとアパートの違い

不動産屋さんと話をしていて、マンションという単語とアパートという単語が出てきます。マンションとアパートは何が違うのでしょうか?この違いについて、明確な基準はありません。では、どのように区別しているのでしょうか?基本的には、建物の構造で分けて考えていることが多いです。構造とは、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)、鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨造(S)、木造(W)などに分けられます。

 

マンションは、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)、鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨造(S)のものを指し、アパートとは、木造などを指しています。

 

マンション・アパートのそれぞれのメリット

マンションのメリット

①鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)、鉄筋コンクリート造(RC)、鉄骨造(S)は、耐震性に優れています。遮音性も高いため、隣の部屋の音が聞こえにくいです。

②多くの場合、防犯カメラやオートロックによって、セキュリティが整っている。

 

マンションのデメリット

①賃料が木造と比べて高い

②管理人がいたり、エレベーターがあったり、管理費が高い

 

アパートのメリット

①木造の場合、建築費が安い。そのため、家賃もマンションと比べて安くなる。

②木造は、通気性がいいため、湿気になりにくい。

 

アパートのデメリット

①遮音性がマンションと比べて低いため、隣の部屋の音が聞こえやすい。

②防犯カメラやオートロックなどの設備がないことも多い。

 

賃借人から見ると、マンションとアパートでお部屋を比較する場合、一番の気にする点は賃料(予算)にあらわれます。木造物件の方が安いのです。

オーナーから見ると、マンションの方が設備やグレードも高いのですが、建築費がどうしても高くなります。アパートは、建築費は抑えられるでしょう。また、運営コストはアパートの方が抑えられるでしょう。

© 2017 KEIICHI