ローリスク不動産投資

不動産投資のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

マンションの寿命ってどれくらい!?

f:id:keiichi2017:20171029153857j:plain

住宅の法定耐用年数

法定耐用年数は、実際に使える年数(寿命)というわけではなく、減価償却をする際に使用する耐用年数です。住宅の場合は、下記の通りです。

 

住宅の法定耐用年数

木造造          22年

軽量鉄骨造        27年

鉄骨造          34年

鉄筋コンクリート造    47年

鉄骨・鉄筋コンクリート造 47年

www.fudousantousinavi.com

 

 

法定耐用年数とマンションの実際の寿命

鉄筋コンクリート造のマンションは、47年で住めなくなるのかというとそういうわけではありません。法定耐用年数は、税務上の数字であり、実際の寿命とは異なります。

 

日本で鉄筋コンクリート造のマンションが普及し始めたのは、1960年代です。つまり、鉄筋コンクリート造のマンションの歴史は50年程度しかありません。また、当初は、エレ―ベータ―がなく、天井高が低いなど現状のマンションと比べてスペックが低いです。さらに、古いマンションの空室が進むと取り壊すという考えでした。そのため、マンションの寿命とされる年数がくる前に取り壊されたものも少なくないでしょう。

 

現在は、マンション100年時代と言われています。なかには、200年の耐久性をもつコンクリートを使用もされています。しかし、この前提には、マンションの寿命を長くするための維持管理や修繕を行うことが前提です。

現在のマンションでは、しっかりと修繕計画がなされており、その通りに修繕され使われていけば、少なくても60年~70年くらいは、住み続けられるマンションは多いでしょう。

 

 

© 2017 KEIICHI