ローリスク不動産投資

不動産のリスクをどう最小限にするか、独自コメント不動産マメ知識を紹介します

賃貸借契約書にペット飼育の可否について記載がない場合、飼っていいのか!?

f:id:keiichi2017:20180411165125j:plain

賃貸借契約におけるペットの可否

借家の使用方法については、賃貸借契約で細かく定められているのが一般的です。借主は、その賃貸借契約で定められた内容に従って、使用していく必要があります。

賃貸におけるトラブルの一つにペット飼育の可否があります。オーナーがペット飼育を禁止している物件は、当然ながらペットを飼うことは出来ません。例えば、賃貸借契約書に「室内でのペットの飼育を禁止します」などの条文があれば、ペット飼育は禁止にであり、ペットを飼っていることが見つかり、貸主と借主の信頼関係が壊れてしまっている場合、最悪賃貸借契約を解除されることもあるでしょう。

 

契約書にペット飼育の可否について記載がない場合、飼っていいのか?

しかし、賃貸借契約の中にペット飼育禁止の規定がない場合は、原則としてペット飼育が認められるものと考えられます。ただし、オーナーに一言「ペットを飼います」と話をしておいた方がいいでしょう。また、当然ながら隣の部屋へ迷惑がかからないように配慮する必要があります。

オーナーが、なぜペット飼育禁止にするかというと退去後の原状回復費用が通常のお部屋よりかかるためです。そのため、賃貸借契約書にペット飼育の可否について、記載がない場合も、オーナーに一言ペットを飼うことを伝えておくことが望ましいでしょう。

 

 

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

www.fudousantousinavi.com

 

© 2017 KEIICHI